Googleマップは10年でこれだけ進化していました


公開日:  最終更新日:2015/07/27

Googleマップは2005年7月14日にデスクトップ版、20日にモバイル版のサービスが開始され今年で10周年となりました。今ではストリートビューや衛星写真でのマップ表示などが見ることができますが、サービス開始当初はカーナビ用の地図をそのまま表示していたそうです。

 

Googleマップサービス開始から今まで

map2005

2006年当時のGoogleマップ。昔のカーナビのようですが、その通りでカーナビの地図をそのまま使っていたそうです。

 

map2006

こちらが2006年当時のGoogleマップ。カーナビ用のマップから大きく変わりましたね。

 

map2015

そしてこちらが2015年のGoogleマップ。ビルの立体的なところや細部まで分かるようになっています。

 

street2008

ストリートビューが開始されたのが2008年。東京や札幌等12都市からスタートしました。ストリートビューの出現によってあらかじめその場所へ下見に行かなくてもある程度分かるようになりました。

ただ上の画像を見ると、その当時はストリートビューで見れる範囲はかなり小さかったようです。

 

street

車だけでなく自転車やスノーモービルなどで色々なところがストリートビューで見れるようになりました。

 

3d

そしてこのような3Dに描画する3Dモデリング技術は2012年から開始されました。

 

最後に

10年前にカーナビの地図から始まったGoogleマップは今や地球上のありとあらゆる場所をマップ上に表示させようとしています。今後は地球だけでなく月や火星など他の星のマップやストリートビューが出現するのもそう遠くないかもしれません。

Googleマップが10歳になりました| Posted by: Google マップチーム

 

関連記事

Googleマップが使いづらいと感じる場合、軽くなるライトモードを試してみよう

Googleマップの「いつどこに行ったのか」行動履歴の機能をオフにする方法

Googleマップに自宅を登録すると自宅から行き先を調べるのに便利!

新しくなったGoogleマップの新旧比較と新機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑