『spモードメール』→『ドコモメール』に名称変更でクラウド化


公開日:  最終更新日:2017/03/18

Androidスマートフォンでドコモのメールアプリと言えばspモードメールです。

このspモードメールというアプリはお世辞にも使いやすいとは言えず、絵文字を入れようとすると強制終了したり、他人宛てのメールが届いたり、他人がメールアドレスやパスワードを変更することが出来るようになる不具合が起るなどたくさんの不具合があったアプリでした。

 

2012年の冬モデルに合わせてspモードメールがドコモメールに名称が変わり、それに伴いアプリも新しくなります。

ただし、対応はAndroid4.0以上を搭載したスマートフォン、タブレットとなります。

 

ドコモは、spモードメールをクラウド化するとともに、サービス名を「ドコモメール」として今後提供してまいります。
spモードメールをクラウド化することで、メールデータは全てクラウド上に保存されるので、スマートフォンやタブレットなど複数の端末からマルチデバイスに利用することが可能になります。機種変更時のデータ移行や、端末の故障時や紛失時など、データを消失した場合のデータ復旧も簡単です。また、今後パソコンなどからドコモメールを送受信する機能も提供する予定です。

ドコモメールの最大の特徴はクラウド化

これまでのspモードメールは、メールの受信データがスマートフォン端末に保存されるようになっていましたが、クラウド上に保存されるようになります。
メールがクラウド化されることによって一番変わるのが、今使っているスマートフォンだけではなくパソコンでもタブレットでもログインをすればメールを見れるようにり、もしスマートフォンが故障したとしてもデータはクラウドに保存されているため、消えることがないというメリットがあります。

そして気になる容量は『1GB』。同じようにクラウドで使えるGmailの容量は『10GB』。Gmailの1/10しか容量がありませんが、メール単体の容量は非常に少ないため一杯になることはあまり考えられません。

ただし、画像が添付されたメールを多く受信すると1GBはわりとすぐに到達してしまいます。

そのため、画像の添付してもらう場合はGmail宛に送ってもらうなどが必要になるかもしれません。もしくは過去の画像が添付されたメールを削除するのも1つの手です。

 

 

『電話帳』もクラウド化

電話帳もクラウド化することで機種変更したときに連絡先をわざわざコピーする手間がなくなります。

ただし、これは電話帳の保存先を『Google』にすることでGoogleアカウントに保存され、すでにGoogleではクラウドに対応していたためあまり意味がありません。

 

とにかく今よりは便利に使えるだろうドコモメールのサービス開始は2013年1月予定となる予定でしたが、数回の延期の後2013年10月24日に開始されることになりました・

 

詳細はこちら

ようやく来ました!クラウド対応ドコモメール10月24日開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

PAGE TOP ↑