ヒビ割れたiPhoneをそのまま使うのは危険!怪我する前に修理しましょう


公開日:  最終更新日:2015/08/24

iphonehibi

iPhoneの画面が割れてても問題なく使えるので…という理由で使っている人をよく見かけますが、画面が割れている状態で使うのは危険ですので早めに修理しましょう。

 

画面が割れている状態が危険な理由

画面の割れ方にもよりますが指で触った感じがザラザラするわけでも無く普通に使うことができる場合がありますが、怪我をしてしまったり、画面のガラスがポロポロ取れてきたりなど色々な危険を伴います。

▶画面の割れた破片が舞い落ちてくる可能性

iPhoneを仰向けの状態で操作することはありませんか?割れた破片が落ちてきて目に入ってしまうということもあります。

 

▶指や耳を怪我する可能性

画面割れの部分に凹凸がある場合、指を切ってしまう場合があります。また、電話する時は割れているガラスを耳元に当てて使うことになりますが、そんな危険な物を耳元に持っていくのは危険極まりありません。

 

画面が割れてしまったらやること

画面が割れてしまったらすぐに修理する。というのは当たり前のことですが、すぐに修理できない場合は直接割れた画面に触らないようにフィルムを貼りましょう。画面からポロポロ落ちてくる破片などを抑えることができます。

 

iPhoneガラス割れやiPadガラス割れ即日10分修理【iPhone修理のシルバーガレージ】

関連記事

iPad Air2が割れないように強化ガラスフィルムを購入したので保護フィルムの貼り方など紹介

iPhoneやiPadから印刷する方法

スマホが水没して起動しなくなったらどうする?そんなときの水没スマートフォン復活ツール

Androidをメインでずっと使っていたAndroidユーザーが感じたiPad(iOS)の違和感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑