できるだけモバイルデータ通信を節約するには


公開日: 

Wi-Fiに接続していない時にスマートフォンでネットや動画を見るとモバイルデータ通信の使用量が増えていきます。一ヶ月に使用できるモバイル通信量は現在契約しているプランによりますが、契約しているデータ量の上限まで来ると速度制限をかけられてしまうため、もし気になる場合はできるだけ節約する方法を知る必要があります。

 

モバイルデータ通信を節約するには

YouTubeなどの動画をできるだけ見ない

データを一番使うのが動画を見ることです。YouTubeなどの動画はWi-Fiに接続しているときに見るようにしましょう。

 

アプリのインストールはWi-Fiに接続したときに行う

アプリのインストールというのはそんなにしょっちゅう行うことではありませんので、インストールしたいアプリが見つかった時は自宅に帰ってWi-Fiに接続したときに行うようにしましょう。

 

Wi-Fiに接続しているときにだけアプリのアップデートを行う

たくさんアプリをインストールしていると毎日のようにアップデートしてくださいと表示があります。アプリのアップデートもたくさんやると知らないうちにデータ量が増えているということになります。

・Wi-Fiに接続しているときにだけアップデートを行う方法

Playストア→左からメニューを開く→設定

settei

 

アプリの自動更新

jidou

 

Wi-Fi接続時のみアプリを自動更新する。にチェックを入れる

wifi

 

画像のバックアップをモバイルデータ通信で行わない

Googleフォトにはスマートフォンで撮った画像を自動でバックアップするという機能があります。しかし撮ったそばからすぐにバックアップしているとすぐにデータが上限まで行ってしまう可能性があるのでバックアップはWi-Fi接続時のみにするという設定へ変更しておきましょう。

Googleフォトを開き、①左からスワイプしメニューを開く→②設定

photo

 

バックアップと同期

photo

 

写真のバックアップ

photo7

 

Wi-Fi経由のみにする

photo8

 

最後に

モバイルデータ通信の使用量の調整は使う時の心がけと設定で節約できます。Wi-Fiに接続していない時には、ネットやツイッターやFacebookを見たりなど、あまりデータ通信を使わないようなアプリを使い、データ通信量が多い動画の視聴やアプリの更新などはWi-Fiに接続しているときに行うようにするとモバイルデータ通信を節約することができます。

そしてモバイルデータ通信を節約できるようになったら、もっと安いプランに変更できるかもしれません。

 

関連記事

そのプラン自分に合ってますか?スマートフォンのデータ通信量を確認してみたら全然使ってないかも。

格安SIMで月々のスマートフォンの料金を半額以下にする方法

月のデータ使用量を確認してパケット料を節約【ドコモ編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑