Windows10へアップグレードしても今のソフト・プリンタなどが使えるか各メーカーサイトで確認


公開日: 

win10gokan

Windows10へアップグレードして一番困るのは今使っているソフトやパソコンなどの周辺機器が使えるのかどうかということですが、Microsoftの各種メーカーの対応状況のリンクが載っているページがありましたのでそこで確認しましょう。

 

ソフトの対応状況を確認する

win10gokan2

 

▶セキュリティソフト ウイルスバスター

それではセキュリティソフトから確認してみます。ウイルスバスターはどうなのか?ソフトウェアメーカーのトレンドマイクロをクリックするとウイルスバスターのページが表示されます。そこには「ウイルスバスター10」という新しい製品が紹介され、7月29日からダウンロードできるようになります。つまり今使っているウイルスバスタークラウドなどをそのままではダメですが、Windows10へアップグレードした後にウイルスバスター10へアップデートすれば大丈夫ということです。

wirubasta

 

▶年賀状ソフト 筆まめ

筆まめですが7月29日現在では最新の「筆まめVer.25」のみが最新アップデータをすることで対応可となっています。それ以前のバージョンに関してはもう少し待たないと使えないようです。

hudemame

 

周辺機器の対応状況を確認する

win10gokan3

周辺機器に関してはその周辺機器を使うためのドライバーを入れないといけないような物、例えばプリンタが特に対応していないものがあるので調べる必要があります。逆にUSBメモリや外付けハードディスク(自動バックアップソフトを入れ自動バックアップにしている場合は調べる必要があります)などはほぼ対応しています。

 

▶Canon製プリンタ

キヤノンのサイトを確認してみるとほとんどのプリンタが対応しているようです。以前Windows8が発売された時は対応まで時間がかかっていましたが、今回は素早い対応ですね。

canon

 

そして各プリンタのソフトウェアダウンロードのページを見てみても今までになかった「Windows10」のリンクが追加されています。※下記ページはMG7530

canon2

 

▶EPSON製プリンタ

こちらもキヤノン同様ほとんどのプリンタが対応しているようですが、古いプリンタは対応していないものもあるようです。

epson

 

EP-803のダウンロードページを見てみるとちゃんとWindows10のリンクが表示されています。

epson2

最後に

Windows10は今までになかった無料でアップグレードできるというOSのため、Windows8以上にWindows10へアップグレードする人が増える可能性があることから各メーカーもWindows10に対応できるように早めに対策をしているようです。

そして各メーカーの対応状況は順次追加されていきますので、今非対応であっても今後対応されてくる可能性もあります。

 

▶こちらから対応状況を調べることができます

Windows10互換性情報&早わかり簡単操作ガイド|マイクロソフト

 

関連記事

7月29日以降に自動的にWindows10にアップグレードされるわけではありません

予約したWindows10のダウンロードが始まったPCと始まらないPCがある

Windows10へアップグレードすると使えなくなる機能とは

Windows10で問題なく使えるかは「Windows 10 Upgrade Advisor」でチェックする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑