変換間違いをしても再変換すれば再入力する必要はありません


公開日: 

パソコンで文字を入力し間違って変換してしまったり、変換前に確定してしまったということはありませんか?実は確定したあとでも再変換することができるのです。

 

確定してしまった文字を再変換する方法

下の画像のように文字変換が失敗しています。「☓転倒→◯点灯」となるはずですが、間違った変換をしてしまいました。

moji

 

間違ったところをドラッグして選択する

moji2

 

キーボードの変換を押す

 

再度変換ができるようになりました。

moji3

ひらがなの状態で確定してしまった場合も同じやり方で変換のやり直しをすることができます。

同じ文字を”再入力”するのではなく”再変換”することで作業効率が上がることもあるため、この使い分けをすることで楽に作業効率を上げていくことができます。

関連記事

面倒な引っ越しの手続き・作業はできるだけネットで片付けよう

知っていると便利なGoogleの検索方法

いろいろ試した結果これが一番使いやすかったChromeのマウスジェスチャー設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑