飛行機でモバイルバッテリーを預けると発火する危険性あり


公開日: 

battery

旅行中スマートフォンのバッテリーがなくなるのを防ぐため、モバイルバッテリーを持ち歩く人も多いと思いますが温度差が激しい飛行機内の貨物室ではモバイルバッテリーが発火する恐れがあるため預けてはいけないとのことです。

 

モバイルバッテリーは機内への持ち込みはOK

 温度変化が激しい航空機内の貨物室では、水分が付着して発火につながる恐れがある。航空法国際民間航空機関ICAO)の取り決めで、機内への持ち込みはできるが、「預け入れ」は電池が入った機器本体を預ける場合を除き、禁じられている。

スマホ予備電池、預けないで 航空機貨物室で発火の恐れ|朝日新聞DIGITAL

 

スマートフォン自体を預けるのは大丈夫とのことですが、モバイルバッテリーは貨物室で発火する恐れがあるため預けないで機内へ持ち込む必要があるとのこと。飛行機内でスマートフォンを使う事自体があまりないため、モバイルバッテリーも必然的に使わなくなり、バッグの中に入れておくということは多いと思いますが、モバイルバッテリーが見つかる度に客を呼び止めるということが近年大幅に増えているようです。

スマートフォンが普及につれモバイルバッテリーを持つ人も増えてくるので、モバイルバッテリーの持ち込みでのトラブルは今後増えてきそうですね。

 

関連記事

買う前に知っておきたいモバイルバッテリーの2つの予備知識

スマートフォン全機種対応モバイルバッテリーを使ってみた

スマートフォンを置くだけで充電できるQi対応家具をIKEAが発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑