Googleアカウントにあなたの履歴は全て残っている。Googleアカウントに履歴を残さない方法


公開日: 

Android搭載スマートフォンやGoogleアカウントでログインしている状態でGoogleで検索したワードや閲覧したサイトはもちろん、どこへ行ったかなどもGoogleマップに保存されるようになっています。

 

Googleアカウントで管理されている履歴

1.ウェブの履歴

Chromeでどんなサイトを閲覧し、Googleでどんなキーワードで検索したかの履歴が残っています。そしてそれ以外にも何曜日がよく使用しているかまでわかります。

google

 

2.音声操作の履歴

スマートフォンで音声検索した履歴が残っています。ただ履歴が残っているだけではありません。恐るべしなのは「音声検索した自分の声」まで残っているということです。「再生」をクリックすると音声検索した自分の声が再生されます。

googleonsei

 

3.端末情報

Googleに送信された連絡先やアプリなどのデータを確認できます。ということですが、アプリをアンインストールすると「インストールされているアプリのリストを保存しました」と表示されるだけでここではどのアプリをインストールした。などという詳細までは、”今の時点では”表示されないようです。

googletanmatu

 

4.ロケーション履歴

スマートフォンを持って移動した場所がGoogleマップ上で表示されます。

timeline2

 

5.YouTubeの再生履歴と検索履歴

YouTubeで見た動画の履歴とどんなキーワードで動画を探したかの履歴が残っています。

youtube

 

 

履歴を残さないようにするには

履歴を残さないようにするには、各項目ごとにオフにする必要があります。(ロケーション履歴以外は全て同じやり方)

①右上の「︙」→②設定

rireki

 

その他の管理項目を表示

rireki2

 

Googleアカウントで管理されているものが一覧で表示されるので、履歴を残したくないものをオフにします。

rireki3

 

自分のGoogleの履歴はこちらから確認できます。

https://history.google.com/history/

 

関連記事

不要になったGoogleアカウントを削除するには

Googleアカウントにログインできなくなる前に携帯番号を登録しておこう

心当たりがないデバイスからGoogleアカウントにログインされた場合すぐにパスワードを変更しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑