実はWindows10はこんなに便利になっている!知っておくと便利な7つの機能


公開日: 

Windows10はWindows7のようなスタートボタンが復活しWindows8の不評だった仕様が変更されました。そしてWindows10はWindows7とほとんど変わっていないようで、実は色々と便利な機能や設定が追加されています。これを知っておけばWindows10を便利に使えること間違いなしです。

 

1.スタート画面がカスタマイズできる

Windows7まであったスタートメニューがWindows10で帰ってきました。しかしこれまでのスタートメニューと同じではなく自由にカスタマイズができるようになっています。

・スタート画面のサイズを大きくする

start

 

このように右側へドラッグすることでスタート画面のサイズを大きくすることができます。また元に戻したい場合は「←へドラッグ」することで戻ります。

start2

 

・必要ないアプリは表示させない

普段使用していないようなアプリがスタート画面にあっても邪魔なだけです。右クリックで「スタート画面からピン留めを外す」で非表示にできます。

start3

 

・ライブタイルのオン・オフ

ライブタイルとは例えばピクチャのフォルダの中に入っている画像をスタート画面から表示することができる機能です。下の画像のようにライブタイルをオンにするとフォルダの中身がここに表示されます。

start6

 

・フォルダやコントロールパネルなどもスタート画面に表示できる

ごみ箱やフォルダを右クリックすると、スタート画面にピン留めすることができます。

start7

 

そしてコントロールパネルや設定も可能

start10

 

このようにコントロールパネルなどもスタート画面にピン留め可能です。

start12

詳しくは…

スタート画面をカスタマイズしてWindows10を使いやすくしよう

 

2.スタート画面からアプリのアンインストールが可能

スタート画面に表示されているアプリを右クリックすると「アンインストール」と表示されます。ストアからインストールしたアプリに関してはここからアンインストール可能です。そしてそれ以外のアプリに関してはこれまでどおりプログラムのアンインストールの画面が表示され、そこからアンインストールします。

win10un

 

3.タッチパッドの3本指操作

Windows8では2本指でWebサイトのスクロールをすることができるようになりましたが、Windows10では3本指でスライドすることでできることがあります。

・左右のスライドでアプリの切り替え

現在開いているアプリを左右にスライドすることで3本指で切り替えることができます

tach

 

・下にスライドでデスクトップ表示

下にスライドするとデスクトップが表示されます。そして上にスライドするとアプリが表示され、アプリが表示されている状態でもう一度上にスライドすると現在開いているアプリの一覧と仮想デスクトップを開いている場合は仮想デスクトップも確認できます。

tach2

詳しくは…

知っておくと便利なWindows10のマウス・タッチパッドの操作方法と設定

 

4.OneDriveに保存している曲を再生可能

クラウド上に保存している曲でも一応再生はできましたが連続で再生することはできませんでした。なぜかというとMediaPlayerなどにその曲を表示することができなかったためです。しかしWindows10ではOneDriveに保存している曲を再生することが可能になりました。

SSDを搭載のパソコンのようにデータ容量が少ないパソコンにとってはとてもうれしい機能です。

groove5

OneDriveに保存していてもGrooveミュージックに表示することができる。

詳しくは…

Windows10のGrooveミュージックはOneDriveに保存した曲が再生できる

 

5.コマンドプロンプトに「Ctrl+V」が使えるようになった

これまでコマンドプロンプトは毎回入力する必要がありましたが、やっと”コピペ”できるようになりました。

cmd

 

6.ストレージ使用量がわかりやすくなった

スマートフォンやタブレットでは当たり前のように、画像が◯GB使っていて、アプリが◯GBなどと分かるようになっていましたが、これまでのWindowsではどのデータがどれくらいストレージを使用しているかがわかりにくくなっていましたがWindows10ではスマートフォンのようにわかりやすくなりました。

スタート→設定→システム→ストレージ→PCをクリック

storage1

 

何がどれだけ使用しているかがわかりやすくなった

storage

 

7.スマートフォンのようなクイック設定ツールが追加された

右下に表示されている通知アイコンをクリックするとアクションセンターが表示されます。アクションセンターにはWi-FiやBluetoothなどのON・OFFができるようになりました。

action

詳しくは…

Windows10のアクションセンターは、まるでAndroidのクイック設定ツールのよう

 

最後に

しばらくWindows10を使ってみて、これまで一番使いやすいと思っていたのはWindows7でしたが、Windows10はWindows史上、最高に使いやすいのではないでしょうか?とくに悪いところは見つからず、操作も初心者に易しくなっています。

ただ、カスタマイズしないとタスクバーの検索ボックスが大きすぎたり、使用しないアプリがスタート画面にたくさん表示されていたりということがあるので、最初の設定を自分が使いやすいように変更することで最も使いやすいパソコンになるはずです。

 

関連記事

Windows10の仮想デスクトップとは

Windows10のタスクバーにある検索ボックスが大きすぎて邪魔な場合の対処法

Windows10ではガジェットは無くなりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑