自分のiPhone6 Plusのカメラが交換対象なのか調べる方法


公開日:  最終更新日:2017/01/14

2014年9月から2015年1月までの間に販売されたiPhone6 Plusの一部にカメラで撮影した画像がぼやけて見える場合があるという不具合が発覚し、対象の製品に関しては無償で交換できます。自分が使っているiPhone6 Plusが交換対象なのかどうかを調べるにはAppleのカメラ交換プログラムのページで確認することができます。

 

自分のiPhone6 Plusが交換対象なのか調べる方法

ごく一部の iPhone 6 Plus で、iSight カメラのコンポーネントの一部が故障し、撮影した写真がぼやけて見える場合があることが判明しました。影響が確認されているのは、主に 2014 年 9 月から 2015 年 1 月までの間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にある iPhone 6 Plus です。

お使いの iPhone 6 Plus で撮影した写真がぼやけて見え、同機のシリアル番号が本プログラムの適用範囲内にある場合は、その iPhone 6 Plus の iSight カメラを無償で交換させていただきます。

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラム

対象はインカメラではなく、背面のアウトカメラですので、アウトカメラで写真を撮ってボケてるなぁと感じるようであれば調べてみましょう。そして対象は「iPhone6 Plus」のみです。

 

1.シリアル番号を調べる

設定→一般→情報

serial

 

2.シリアル番号を入力する

iPhone 6 Plus iSight カメラ交換プログラムへアクセスし、先ほど調べたシリアル番号を入力し「送信」をクリック

iphone6plus

 

送信をクリックすると、その下に結果が表示されます。

serial2

 

交換プログラム対象だった場合

もし交換対象だった場合は、対応できる電気量販店や直営のAppleストアに持込み交換してもらうことになります。

近くの店舗を探す→お近くの正規サービスプロバイダを探すにはこちらをご覧ください。をクリック

Appleストアで予約をする

・テクニカルサポートに問い合わせする

 

交換前にやること

カメラの交換でデータが消えるということはほとんどありませんが、念のためデータをiCloudやパソコンなどにバックアップをとってから交換するようにした方が安心です。

 

関連記事

iPhone/iPadのデータをiTunesでバックアップ・復元する方法

iPhone、iPadの写真はiCloudではなくOneDriveにバックアップが超絶便利

ヒビ割れたiPhoneをそのまま使うのは危険!怪我する前に修理しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑