Pocketのボタンが無いスマートフォン用サイトを簡単にPocketに保存する方法


公開日:  最終更新日:2017/03/16

Pocket

Pocketとは後で読みたいWebサイトをとりあえず登録しておくというサービスで、サイトによってはPocketのボタンが表示されていてそれをタップするだけで登録でき、あとで時間があるときにそのページを見ることができるというブックマークの一種のサービス(アプリ)ですがPocketのボタンがない場合でも簡単に登録できます。

 

Pocketボタンが無ければURL長押しで簡単に登録できます

Pocketに登録したいページを開いている状態で上の方に表示されているURLを長押しすると、メニューが表示されるのでアドレスをコピーします。

url

 

そしてPocketを開くと、下の方に追加しますか?と表示されるので「追加」をタップすると追加されます。

pocket2

 

URLを長押ししてもコピーできないChromeの場合

たいていのブラウザの場合、URLを長押しするとコピーできるのですが、スマホ版のChromeはコピーできません。タブレット版は出来ました。しかし右上に表示されているメニューから簡単に追加できます。

右上の「︙」

chrome

 

共有

kyouyu

 

Pocketをタップすると追加されます。

Pocket3

 

長い記事になると今はタイミングが悪くて読む時間がないというときもあるかと思います。そんなときにはPocketに登録しておくと、あとであのサイトどこだったかな?などと探したりすることが無くなります。

 

PocketはPCでも利用可能

PocketはGoogleアカウントなどで会員登録することで、スマートフォンだけでなくPCからでもPocketに保存した記事を見ることができます。

そのため、この記事は長すぎるから後でゆっくりPCで見ることにしようという場合に便利です。また逆も同じでPCで見ていた記事を外出先でスマートフォンで見ることも可能です。

 

スマートフォンで保存した記事をPCで見るにはPocketにアクセスするだけです。

 

PCでPocketに保存する方法

PCでPocketに保存するには、サイト上にPocketのボタンがあればそれをクリックするだけですが、PCの場合もURLをコピーしPocketのサイトに保存をすることができます。

 

pocket5

 

そしてスマートフォンで保存した記事をPCで見るにはPocketにアクセスするだけです。

 

 

関連記事

日本語対応したあとで見るアプリ『pocket』がすごく便利!

スマートフォンに入れておくと便利で実用的なアプリの紹介

Chromeウェブアプリからインストールした3つのアプリでスマホの連携が非常に便利になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑