Bluetoothテザリングの接続方法


公開日: 

スマートフォンをモバイルルーターとしてパソコンなどを接続できるテザリングですが、よく一般的に使われているのがWi-Fiテザリングですが、Bluetoothでもテザリングができます。

 

Bluetoothテザリングの設定方法

1.まずBluetoothのペアリングをします。

スタート→設定

win10settei

 

デバイス

device

 

Bluetoothをクリックし、Bluetoothがオンになっていない場合はオンにします。

blue

 

そしてスマーフォンの方もBluetoothをオンにします。

設定→Bluetooth

bluetooth

 

Bluetoothをオンにすると接続したいPCが表示されるのでタップします。

blue2

 

パソコンを見ると右下にデバイスの追加が表示されるためクリック

blue3

 

スマーフォンとパソコンどちらも同じコードが表示されます。

blue4

 

このように同じコードが表示されたらペア設定します。

blue5

 

Windows10側が下の画像のように接続済みになればOK。ペアリングは一度行えば次回以降する必要はありません。

blue6

 

 

2.Bluetoothテザリングで接続する

スマートフォンのBluetoothテザリングをオンにします。

設定→その他→テザリング→Bluetoothテザリングをオンにする

teza

 

そしてパソコンの方の操作です。タスクバーに表示されている①△→②Bluetoothアイコンを右クリック→③パーソナルエリアネットワークへの参加

teza2

 

ペアリングされている機器が表示されるので、Bluetoothテザリングをしたいスマートフォンをクリックし、接続方法→アクセスポイントの順にクリック

teza3

 

数秒待つと繋がります。

teza4

 

接続できると右下のネットワークのアイコンが有線で接続したときと同じようなアイコンに変わります。

teza5

 

 

Bluetoothテザリングのメリット・デメリット

▶メリット

Bluetoothテザリングのメリットは何と言ってもバッテリーをほとんど消耗しないということです。バッテリーの残りが少ない場合や充電が出来ないような状況であればBluetoothテザリングがおすすめです。

 

▶デメリット

そしてデメリットは速度が最高でも3Mbpsしか出ないということです。Wi-Fiテザリングの場合テザリングをする場所にもよりますが、下り10~30Mbpsくらいの速度がいつも出ています。しかしBluetoothテザリングでは速度が遅いという欠点もあります。

 

モバイルバッテリーを常に持ち歩いているようであればWi-Fiテザリングの方が速度も早いため、Wi-Fiテザリングの方が使い勝手はいいですが、Bluetoothテザリングは、スマートフォンのバッテリーが残り少ない…でも、どうしてもPCをネットに接続する必要がある。というときのために覚えておきたいテザリングの設定方法です。

 

関連記事

Windows10がWi-Fiに接続できなくなったときは4種類あるアイコンを確認しよう!

Xperia Z4 SO-03GのWi-Fiテザリング設定方法

外でネットに接続するにはテザリングとモバイルルータどちらがいいのか?使う頻度で考えよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑