Windows10のWindowsUpdateはコントロールパネルではなく設定に移動しました


公開日: 

WindowsUpdateは電源を切るときに「更新していますので電源を切らないでください」と表示が出てアップデートされるためあまり気にする人もいなかったと思いますが、手動でアップデートをしている人はコントロールパネルからアップデートをしていたのですが、これまでコントロールパネルにあったWindowsUpdateがWindows10では表示されていません。

 

WindowsUpdateは設定に移動した

下の画像はWindows7ですが、コントロールパネル→システムとセキュリティを開くとWindows Updateが表示されそこからアップデートをすることができました。

update

 

しかし、Windows10で同じようにシステムとセキュリティを見てるとWindows Updateがありません。

update2

 

Windows10ではシステムとセキュリティではなく設定からWindows Updateができるようです。

スタート→設定→更新とセキュリティ

kousin

 

Windows Updateを見てみると現在更新プログラムをダウンロードしている最中のようです。なにをダウンロードしているかは詳細をクリックするとわかります。

update3

 

現在インストールを使用しているWindows Updateの一覧

update4

 

またこれまでインストールされた更新プログラムの一覧を確認するには、詳細オプションをクリックします。

update5

 

更新履歴を表示する

update7

 

これまでの更新プログラム一覧が確認できる。

update6

 

Windows10になったからといって基本的に自動で更新されるためWindows Updateの方法が変わっているということはありませんが、コントロールパネルから開くのではく、設定から開くように変わっただけです。

 

関連記事

Windows10の検索は「ファイル名」はもちろん、「ファイルの中身」まで検索してくれる

実はWindows10はこんなに便利になっている!知っておくと便利な7つの機能

スタート画面をカスタマイズしてWindows10を使いやすくしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑