AndoroidとiPhoneの画像共有はOneDriveが便利


公開日:  最終更新日:2015/09/24

AndroidはGoogleアカウント、iPhoneはAppleIDで管理されているため画像の共有は不可能のように思えますが、GoogleドライブやOneDriveなどを使用することで同じ画像をどちらからも見ることが出来るようになります。

AndroidスマホとiPhoneを2台持持ちしている人にはとても便利に使えると思います。

 

撮った写真をOneDriveに自動でアップロードするように設定する

Androidスマホ、iPhoneともにOneDriveをインストールし、同じアカウントでログインします。そしてお互いに撮った画像を自動でアップロードするように設定しておけばどちらで撮った画像もOneDriveの画像フォルダの中に保存されるようになります。

▶Andoroidの自動でアップロード設定

左からメニューを表示→設定

onedrive

 

カメラアップロード

onedrive2

 

カメラアップロードをオンにします。アップロードする条件として「モバイルネットワークとWi-Fi」「Wi-Fiのみ」のどちらかを選択できますが、たくさん写真を撮る人はWi-Fi接続時のみアップロードするようにした方がいいと思います。

onedrive3

 

▶iPhoneの自動でアップロード設定

①左からメニューを開き→②設定

onedrive4

 

カメラのバックアップをオンにします。こちらもモバイルネットワークをオフにすることをおすすめします。

onedrive5

 

これで、どちらで撮った画像もOneDriveに保存されるようになります。

 

▼OneDriveインストール

iOS版OneDrive

PC版OneDrive

 

関連記事

iPhone、iPadの写真はiCloudではなくOneDriveにバックアップが超絶便利

iPhoneやiPadの画像だけをパソコンに保存する方法

スマートフォンの画像・連絡先・音楽などのデータバックアップ方法まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑