Amazonプライムビデオがスタート。本数は少ないけどダウンロード出来るのがいいね


公開日:  最終更新日:2015/10/08

9月下旬からスタートするとAmazonサイト上に標示されていたプライム会員向け動画見放題サービスのプライムビデオが開始されました。

 

プライムビデオはAndroidには対応していない

2015年9月24日現在ですが、Andoroidではプライムビデオを見ることができません。一本ごとに購入できるAmazonビデオではAndoroidでは購入・レンタルは対応していますが、そもそもプライムビデオは購入すること自体がないため、プライムビデオは対応していないということになります。

 

【追記】

AndoroidようのアプリがリリースされたためAndoroidでも見ることができるようになりました。

AmazonプライムビデオがAndroidにも対応

 

Kindle系、iOSはストリーミング・ダウンロード全てに対応

video2

PCの場合プライムビデオにアクセスし、動画のサムネイルの左上に「プライム」と表示されているも対象の動画をクリックして再生するだけ。PCはダウンロードは対応していません。

 

iPadやiPhoneなどのiOS端末は「Amazon Video」というアプリをインストールすることで見ることが出来るようになります。

video3

 

今すぐ見る(ストリーミング)とダウンロードすることもできます。ダウンロードの場合ネットに接続できない状態でも再生することが出来るため外出中に見たい場合はダウンロードするとモバイル通信に気を使うこと無く再生することができるため便利です。

video4

 

プライムビデオの感想:ダウンロード対応はありがたい

プライムビデオはあくまでAmazonプライム会員(年会費3900円)のおまけのサービスような感じですね。動画の本数はdTVには全くかないませんし、Chromecastにも対応していません。

ただ、ダウンロードに対応しているということはありがたいですね。

dTVも一応ダウンロードには対応していますが、再生を開始するときにネットに接続しライセンス認証する必要があるので、全くネットに接続していない状態では再生ができません。(再生開始時に一時的にネットに接続する必要がある)

それに対しプライムビデオはiPadやKindleなどであらかじめ動画をダウンロードしておけばネットが使えない状態でも再生することができるため、モバイル通信の契約をしていない端末再生可能です。(動画を再生してから48時間以内はネットがない状態で再生可)

AndroidやChromecastには対応していない、動画の本数も少ないということで、メインでこのサービスを使おうとは思えませんが、旅行などの長距離の移動中にiPadで映画を見るというのに重宝しそうです。

※プライムビデオを見るにはプライム会員になる必要があります。

プライムビデオ

 

関連記事

Chromecastに対抗!?AmazonプライムビデオをTVで見れるfireTVを発表

Amazonプライムビデオ視聴アプリ「Amazon Video」の基本操作方法

年間3,900円のAmazonプライム会員の特典とは

プライムビデオ以外にもhulu・Netflixにも対応している「fireTV」の特徴

dビデオとHuluどっちがいいの?価格・内容サービス比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑