Chromecastでプライムビデオをテレビに映し出す2つの方法


公開日: 

スマートフォンにAmazon videoというアプリをインストールすることでプライムビデオをスマートフォンやタブレットで見ることができますが、そのアプリはChromecastには対応していません。

10月28日にfireTVが発売されるため今後も対応することはないと思いますが、実は完全に不可能というわけではないのです。

 

パソコンでChromeを使用する

ChromecastはChromeで見ている画面をそのまま映し出すこができるため、Chromeの右上に表示されている「Castマーク」をクリックするとテレビに映すことができ、音声もテレビから出るようになります。

fire2

 

この機能を使用するためには、ウェブストアからGoogleCastを追加する必要があります。

cast

 

 

スマートフォンで「画面のキャスト」を使用する

スマートフォンやタブレットの画面をそのまま映すことができる「画面のキャスト」が対応している機種であればChromecastでテレビに映すことが可能です。

Chromecastのアプリをインストールします。

cast2

 

アプリを起動し、左からメニューを開き画面のキャストをタップ。画面のキャストが表示されない場合は対応していない機種(スマートフォン)です。

cast3

 

画面をキャスト

cast4

これでスマートフォンやタブレットの画面がそのままテレビに映し出されるので、プライムビデオのアプリから動画を再生するとそのままテレビに映ります。しかしこれには欠点があり、”今見ている画面がそのまま映し出される”ため、スマートフォンがスリープ状態になるとテレビの画面も真っ暗になり、音声も消えます。

そのため画面を映しているときはスマートフォンの画面もずっとつけっぱなしにしておかなければいけません。

 

ちょっと面倒ですが、プライムビデオをChromecastで使うちょっとした裏ワザ?でもないですが、一応この方法で使用することができます。

 

関連記事

プライムビデオ以外にもhulu・Netflixにも対応している「fireTV」の特徴

AmazonプライムビデオがAndroidにも対応

Amazonプライムビデオがスタート。本数は少ないけどダウンロード出来るのがいいね

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑