まさに合理的!使った分だけ課金されるFREETELのSIMカード


公開日:  最終更新日:2017/03/18

freetel

格安で高性能なSIMロックフリーのスマートフォン「雅 MIYABI」を10月2日に販売開始し、わずか1時間半ほどで初回出荷分が完売してしまったFREETELブランドのSIMカードのプランが使った分だけ課金されるというなんとも合理的な料金体系になっています。

 

FREETEL SIMの料金体系

FREETEL SIMの料金体系は使ったら使った分だけ料金が高くなります。逆に言うと使わなければ料金が安くなります。

一般的な料金体系は、まず上限のデータ容量を選択し、もしそれ以上のデータ容量になってしまった月は追加で料金を支払うか、速度が劇的に遅くなるというプランがほとんどです。そのため例えば上限5GBで契約をしているのに実際は1GBしか使っていなくても5GBのプランの料金を支払わなければいけません。使わなかった分だけ繰越しできるというようになっているプランもありますが、繰越しされるだけで料金は安くはなりません。

しかし、FREETEL SIMの場合は使った月は高くなり、使わなかった月は安くなるというなんとも合理的なプランです。そして最高に使ったとしても10GBで2,470円です。10GB異常は速度が遅くなりますが、普通に使って10GB超えるということはほぼないのではないと思います。動画を毎日ずっと見ていると超えると思いますが、自宅にWi-Fi環境があればほぼ超えることはありません。

freetel2

※この料金表はデータ通信のみの価格で、音声通話+データ通信+SMSの全てが使えるプランの場合、上記のプラン(データ通信のみ)にプラス700円となります。

 

こういった料金体系だと使った分だけ課金されるので料金が高くなった月でも納得することができますね。

FREETEL SIM

 

 

関連記事

コスパ抜群の日本製スマホ「雅 MIYABI」が19,800円で販売開始も初回分は即完売

FREETEL「極(KIWAMI)は最高クラスのスペックで39,800円は凄すぎるんじゃないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑