知ってました?Siriでできることは結構いろいろあります


公開日: 

akachan

iPhoneやiPadなどで使用することができるSiriですが、音声で天気予報を調べたり、メッセージを送ったりなど意外とSiriで色々なことができます。もしかしたらこんなことまでできたのか!?という発見もあるかもしれません。

 

天気予報を調べる

「今日の天気」でGPSをONにしていると現在地の今日の天気を調べることができます。場所を特定したい場合は「◯◯県の天気」などで調べることができます。

siri

 

カレンダーに予定を追加

「◯◯時に会議を設定」と時間と内容を話すと直接カレンダーにその内容を追加することができます。しかし内容に関しては例えば「打ち合わせを設定」とってもタイトルが「イベント」と登録されてしまうこともありますので、タイトルの表示に関してはあまり期待できません。「会議」に関しては問題なく登録できましたが。

siri2

 

「◯◯とツイート」と言うと登録しているツイッターアカウントでツイートすることができます。「疲れたとツイート」と言っています。

siri3

 

メッセージやメールを送信できる

「◯◯さんに◯◯と伝えて」と言うとメッセージアプリで送信でき、「◯◯さんに◯◯とメール」というとメールアプリを使いメールの送信ができます。

siri4

 

アラームを設定

「◯時にアラームを設定」でアラームを設定することができます。

siri5

 

音楽の再生

「◯◯を流して」というとその歌手の曲が再生されます。(◯◯には歌手名が入ります)

siri6

 

スポーツチームの結果を調べる

「◯◯の試合結果」でそのチームの試合結果や日程を調べることができます。

siri7

 

Siriと会話をする

生産性は全くありませんが、Siriと会話をすることができます。

 

▶Siriに”うた”を歌ってもらう

「歌を歌ってください」と言うとなかなか歌ってくれませんが、何度かお願いするとうたってくれます。

siri8

 

▶Siriについて教えてもらう

「Siriの誕生日はいつですか」や「Siriの名前の由来を教えて下さい」と言うと色々教えてくれます。また名前の由来についてはいくつかの返答のパターンがあります。

siri9

 

▶iPhoneとAndoroidのどっちがいいかを聞いてみる

SiriはAppleのファンらしいです。

siri10

 

最後に

Siriで何ができるかについてはSiriに聞くと教えてくれます。「Siriで何ができますか?」と聞いてみてください。

siri11

 

また、SiriはiOS9になって音声認識率が上がり、iPhone 6SやiPhone 6SPlusでは充電中で無くても「Hey Siri」と言うとSiriを立ち上げることができるようになりました。まだまだできないことも多いですが、今後音声だけでほとんどのことができるようになっていくのでしょうね。

 

関連記事

iPad Air2をiOS9にアップデートして便利になった7つの機能

iOS9で持ち主の声に反応して「Hey Siri」でSiriを起動させるための設定方法

Androidユーザーならわかる?iOS9の新機能、「Split View」は期待を遥かに下回っていた件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑