ドコモのNexus5Xを購入するときに知っておくべき5つの点


公開日:  最終更新日:2017/06/22

ドコモからNexus5Xが販売されることになりました。これまでドコモでAndroidスマートフォンを購入して来た人であれば、おサイフケータイやワンセグ/フルセグなどが搭載されている”日本仕様”のスマートフォンを使っていたという人が多いと思いますが、Nexus5Xはこれまであった日本仕様スマートフォンのように全部入りというわけではありません。

 

ドコモのNexus5Xはカスタマイズされずにそのまま販売

docomo

ドコモから販売されるAndroidスマートフォンはこれまでドコモメールやしゃべってコンシェルなどのドコモ製アプリを搭載し販売されていました。そして本体には「docomo」のロゴもありました。しかしドコモから販売されるNexus5Xの場合、ドコモ製アプリのインストールは最小限、そして「docomo」のロゴも付きません。

この辺りはドコモから販売されているiPhoneもそのような形になっています。つまり、ドコモから販売されるNexus5XとGoogleストアから販売されるSIMフリー版Nexus5Xは、ほぼ同じ仕様で、ドコモ仕様にカスタマイズされたNexus5Xが販売されるというわけではありません。

 

日本仕様のスマホを使っていた人がNexus5Xを購入する際に注意する点

これまでドコモで日本仕様に作られたAndroidスマートフォンを仕様してきた人からすると当たり前だった機能が付いていませんの注意が必要です。

docomonexsus

Nexus5Xの仕様|docomo

1.MicroSDカードは使えない

これまで日本製のスマートフォンは基本的にMicroSDカードにもデータを保存することができます。しかしNexus5XはMicroSDカードは使用することができません。ドコモから販売されるNexus5Xの容量は32GBとなるため、32GB以上のデータを本体に保存することができません。

 

2.防水・防塵に対応していない

防水・防塵に関してはドコモから販売されているAndroidスマートフォン全てが対応していたわけではありませんが、Xperiaなどの日本製スマートフォンの場合は防水に対応していましたがNexus5Xは防水・防塵には対応していません。

 

3.おサイフケータイには対応していない

こちらも日本製スマートフォンにはほぼ搭載されている機能ですが、おサイフケータイは使用することができません。

 

4.ワンセグ/フルセグは見られない

ワンセグ/フルセグには対応していないため、Nexus5Xでテレビを見るということはできません。

 

5.ドコモ独自のアプリがインストールされていない

ドコモが開発しているアプリ「しゃべってコンシェル」「ドコモメール」などが使用することができません。しゃべってコンシェルに関してはそんなに必要ないかもしれませんが、ドコモメールのアプリが搭載されていません。

しかし@docomo.ne.jpのアドレスが使用できないわけではなく、Androidに搭載されているメールアプリに設定することで使えるようになります。

 

最後に

これまで日本製のスマートフォンを使ってきた人からするとおサイフケータイやワンセグなどの”全部入り”が基本だったので、そのような機能が重宝していたという人に関してはNexus5Xに変えると困ってしまうかもしれません。

韓国製のGALAXYは日本で販売する際は、docomoのロゴを入れたり、おサイフケータイに対応したりと日本仕様にして販売していましたので、これまでドコモから販売されていたAndroidスマートフォンとは少し違うということを知った上で購入するかどうかを検討したほうが良いと思います。

ただ、Nexus5Xはスペックも高く、新しいAndoroidOSが開発された場合にもNexus機はいち早く最新のAndroidOSを使用することもできるため、製品自体はすごくいい機種です。

 

 

関連記事

SIMロックされたNexus6Pをソフトバンクから購入するメリットとは

「Nexus5X」と「Nexus6P」がワイヤレス充電「Qi」に対応していない理由

Nexus5Xを購入する際に注意すること。PCと接続するケーブルを確認する必要あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑