Google翻訳の便利な使い方。これを知っておけば海外旅行で困らない!


公開日: 

Google翻訳アプリには言語を直接入力すると翻訳してくれるという機能以外にもカメラで撮った言語を翻訳してくれたり、音声入力でも翻訳してくれるという機能もあります。

 

カメラで撮って翻訳の使い方

Google翻訳のカメラアイコンをタップ

honyaku

 

カメラが起動するのでピントを合わせ写真を撮ります。また、中央に「ここにテキストを合わせます」と表示されていますが、そこに合っていないところも翻訳可能です。

honyaku2

 

翻訳したいところを指でなぞると翻訳されます。

honyaku3

 

入力が難しい韓国語も翻訳することが可能です。

何語から何語に翻訳したいかを選択し、カメラのアイコンをタップします。

honyaku4

 

そして撮影して翻訳したいところをなぞるだけです。

honyaku5

 

英語はなんとか読めたとしても韓国語やロシア語などは読むのが難しいので、レストランでメニューを見てもどんな料理なのか全く検討もつかない状態でもこれをつかうことで、どんな感じの料理なのかがわかるので便利です。

 

前に撮影していた画像から翻訳も可能

いま撮影したものを翻訳するというやり方を紹介しましたが、以前撮影していた画像から翻訳するということも可能です。

カメラを起動し、左下の写真のアイコンをタップ

honyaku6

 

本体に保存されている画像が表示されるので翻訳したい画像を開き、翻訳したい場所をなぞるだけです。

honyaku7

 

音声翻訳の使い方

Google翻訳を開き、マイクアイコンをタップ

honyaku8

 

スマートフォンのマイクに向かって話すだけで、指定の言語に翻訳してくれます。

honyaku9

 

翻訳履歴を削除するには

翻訳したものは履歴として残ります。その履歴を削除するには削除したいものを左右どちらかにスライドすることで削除することができます。

honyaku10

 

オフラインでも翻訳できるように言語をダウンロードしておく

Google翻訳はネットが接続できない状態でもあらかじめ言語をダウンロードしておくことで翻訳ができるようになります。日本語と旅行先の国の言語を出発前にダウンロードしておけば万が一ネットが使えない状態になったとしても大丈夫です。

言語をタップすると他の言語を選択できるようになります。そして言語の右に「↓」が表示されているものはまだダウンロードしていない言語。ダウンロード済みの言語は「✔」が表示されています。

honyaku11

 

翻訳は完璧にできて、完全に現地の人に伝わるというわけではありませんが、これを使うことである程度こちらの伝えたい事を伝えることができるようになり、旅行先の国の言葉が全く読めない、そして全く話すこともできないという状態でも途方に暮れるということはなさそうです。

 

関連記事

Google翻訳で聞き取りづらい場合は2回クリックするとゆっくり話してくれる

Google検索で次の電車があと何分で出発するかを確認することができる

Googleアカウントにあなたの履歴は全て残っている。Googleアカウントに履歴を残さない方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑