Nexus5XのUSB Type-Cの「急速充電」と「通常充電」ではどのくらいの差があるのか


公開日: 

Nexus5XはUSBポートがこれまで一般的だったmicroUSBではなく、USB Type-Cになっています。USB Type-Cはこれまでよりも早く充電することができますが、通常の充電とどれくらい違うのかを調べてみました。

 

「USB Type-C・USB Type-Cケーブル」で急速充電

下の画像のような「USB Type-C・USB Type-C」ケーブルで充電をすると急速充電ができます。このケーブルはNexus5Xに付属しています。

usbc

 

そしてこの充電器も付属しています。ポートはUSBType-Cしか付いていません。

usbc1

 

残り6%から充電開始。画面の下部には「急速充電中」と表示されています。

kyuusoku

 

10分後。22%になったため、10分で「16%」充電できたことになります。そして満タンまでの目安の時間が50分なので0%から1時間くらいで満タンにできそうです。

ちなみにNexus5Xよりバッテリー容量が多いNexus6Pでは満タンまで約1時間30分でできるようです。

kyuusoku2

 

「USB Type-A・USB Type-Cケーブル」で通常充電

USB Type-A・USB Type-Cケーブルで充電すると通常充電になります。下の画像のように片方がこれまでのUSBの形と同じでもう片方がUSB Type-Cです。このケーブルはNexus5Xには付属していないため、別途購入する必要があります。

usbc4

 

充電アダプターはこれまでスマートフォンを充電するときに使っていたもので大丈夫です。

juden

 

21%から充電を始めます。下部には「充電中」と表示され、USB Type-C・USB Type-Cケーブルで充電したときに表示されていた急速充電中とは表示されていません。

kyuusoku3

 

10分後。29%になりましたので「8%」充電できたことになります。急速充電のちょうど半分です。

そして29%から満タンまで充電できる時間は1時間18分。

kyuusoku4

 

10分間で急速充電は16%、通常充電は8%

Nexus5X.led2

10分間での検証ですが、10分間で急速充電は16%、通常充電は8%と、2倍の早さで充電できました。急速充電は最初の45分間は一気に充電することができるためこれだけの差がでました。

急速充電ではおよそ一時間で満タンにできるため、外出したいのにバッテリーがほとんどない。といった状況のときにとても助かりそうです。

 

関連記事

Nexus5Xにバッテリー残量(%)を表示させる方法

充電中にNexus5Xのランプを点灯させる方法

「Nexus5X」と「Nexus6P」がワイヤレス充電「Qi」に対応していない理由

Nexus5X/6Pに搭載されたUSB Type-Cはこんなにすごかった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメント一覧

  1. 後藤康夫 より:

    Nexus5X所有者で、実際にUSBタイプCで充電した経験がありますが、バッテリー残量は正比例しない…充電率が上がるに連れて頭打ちになります。
    15%残から100%まで104分かかりました。

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑