FREETEL「極(KIWAMI)は最高クラスのスペックで39,800円は凄すぎるんじゃないか


公開日:  最終更新日:2015/11/04

プラスワン・マーケティング株式会社から、FREETELブランドのSAMURAIシリーズ「極 KIWAMI」が11月16日から予約が開始され、11月20日に発売されます。同じSAMURAIシリーズでは「雅 MIYABI」がすでに発売されていますが、雅 MIYABIはあまり性能が高くないモデルですが19,800円とコストパフォーマンスに優れているため発売からほんの1時間ほどで完売したという大人気モデルでした。

 

「極 KIWAMI」スペック

kiwami

サイズ:高さ×幅×厚さ:159.5 × 82.6 × 8.9 mm

重量:182g

OS:Android5.1 Lolipop

CPU:Octa core 2.0GHz

メモリ(RAM):3GB

ストレージ:32GB

外部メモリ:microSD、microSDXC (最大容量128GB)

ディプレイ:6.0inch/2560×1440(WQHD)

カメラ:リアカメラ:2100万画素、フロントカメラ:800万画素

バッテリー容量:3,400mAh

その他:SIMスロット数2つ、指紋認証、NFC

価格:39,800円(税別)

スペックに関しては最近のハイスペックのスマートフォンとほとんど同じです。Nexus6Pも同じくらいのスペックですが、極 KIWAMIと同じ32GBモデルで74,800円なので、極 KIWAMIがどれだけ安いのかがわかります。

またNexus6Pと同じように本体の背面に指紋センサーがあり指紋認証にも対応しています。Nexus6Pのように高速でロック解除できるかどうかはまだ不明ですが。

 

日本のスマートフォンメーカーは続々と撤退し、韓国、台湾の、中国などのメーカーに押されていますが、FREETELから販売されているスマートフォンを見ていると低価格でコストパフォーマンスに優れた商品ばかりなので期待大ですね。

極 KIWAMI

FREETEL機種一覧

 

関連記事

コスパ抜群の日本製スマホ「雅 MIYABI」が19,800円で販売開始も初回分は即完売

まさに合理的!使った分だけ課金されるFREETELのSIMカード

「Nexus5X」「Nexus6P」は裏表がないUSB Type-Cに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑