ある条件下ではロックを掛けない「Smart Lock」の設定方法


公開日: 

Andorid5.0から「Smart Lock」という機能が追加されました。Smart Lockとは自宅にいるときは通常かけているロックを解除するなどといった、ある条件を満たしているときはスマートフォンのロックをしないという機能です。スマートフォンにはロックをしておきたいけど、毎回ロック解除するのが面倒という人にはおすすめの設定です。

 

Smart Lockとは

smart2

・信頼できる端末

BluetoothやNFCで接続した機器と接続されているときにロックを掛けない。おもにスマートウォッチなどに接続しているときに使うことが多いと思います。スマートウォッチは腕につけているので、それとつながっているときは自分が持っているはずなのでロックを掛けないということです。

 

・信頼できる場所

あらかじめ登録をしている場所にいるときはロックを掛けません。たとえば自宅を登録している場合は自宅にいるときはロックがかかりません。

 

・認識済みの顔

顔を登録しておくと顔認証でロック解除をすることができます。ただ顔認証でロックを解除するならパスワードを入れたほうが早いと思います。

 

・信頼できる音声

「オーケーグーグル」と端末に向かって声を発すると音声検索ができるようになり、そのままロックが解除されます。この設定をオンにするにはあらかじめ自分の声の登録が必要です。

 

・持ち運び検知機能

ロックを解除した状態でそのまま手に持ったままやポケットに入れて動いている状態ではロックがかかりません。ロックを解除した人がずっと持っているということなのでロックを掛ける必要が無いということでしょう。

 

Smart Lockの設定方法

Smart Lockの中でも最も便利な「信頼できる場所」と「持ち運び検知機能」をオンにしてみます。

設定→セキュリティ

security

Smart Lock

smart

 

Smart Lockをタップると現在設定しているパスワードを入力する画面が表示されるので、パスワードを入力すると下の画面が表示されます。

smart2

 

信頼できる場所の設定

信頼できる場所を開くと、自宅をGoogleマップに登録している場合は自動で自宅の住所が表示されるので、この位置情報を有効にするをタップするとその場所にいるときはロックがかかりません。

smart3

 

また、手動で場所を選択したい場合は、信頼できる場所を追加をタップするとマップが表示され、追加することができます。

smart4

 

ポイントを動かして、この場所を選択

smart5

 

持ち運び検知機能をオンにする

持ち運び検知機能についてはオンにするだけです。

smart6

 

これで自宅にいる時とロックを解除してそのまま移動しているときなどはロックが掛からないようになりました。しかし、自宅にいるときでも数時間スマートフォンを触っていない時はロックがかかるようになります。

 

関連記事

Googleアカウントを2段階認証にしてセキュリティを強化しておこう!

どこからでも音声で検索できる「OK Google」の登録方法と使い方

スマホ版Chromeのタップして検索が便利すぎる

細かいけど知っておくと便利なAndroid6.0の新機能7選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑