失くしてしまったAndroidスマホをiPhoneから探す方法


公開日: 

スマートフォンを失くしてしまっても電源さえ入っていれば、Androidデバイスマネージャーというアプリを使用することで今どこにスマートフォンがあるかがわかります。そしてもう回収できないというところで見つかった場合はロックしたりデータを削除することができますが、パソコンやAndroidスマホだけでなくiPhoneやiPadからでもAndroidスマートフォンを探すことができます。

 

iPhoneからAndroidデバイスマネージャーのサイトにアクセス

通常Androidデバイスマネージャーというアプリを使ってスマートフォンを探しますが、アプリをインストールしていなくてもサイトにアクセスすることで使用できます。

Androidデバイスマネージャー

Googleアカウントを入力

sagasu

 

パスワードを入力。パスワードを保存しますか?に関しては自分のiPhoneじゃない場合は保存しないを選択します。

sagasu2

 

ログインできると、スマートフォンの位置を確認することができます。

sagasu3

 

友達のiPhoneを使ってログインした場合はアカウント削除をする

自分のiPhoneやiPadでログインしたのであればパスワードが保存されていても問題ないですが、友達のiPhoneを借りて一時的にログインしている場合はログインした形跡を消さないといけません。

Googleの検索結果やGoogleのサイトを開くと右上にログインと表示されているので再度ログインします。

sagasu4

 

ログインすると、右上にアイコンが表示されます。そこをタップし、ログアウト

sagasu5

 

ログイン画面が表示されるので、「別のアカウントでログイン」

sagasu6

 

今までログインしたユーザーが表示されています。削除をタップ。

 

sagasu7

削除したいアカウントの「☓」をタップ

sagasu8

削除できました。ログインしたアカウント履歴が削除されるだけなのでアカウント自体が消えるわけではありません。

sagasu9

Androidデバイスマネージャーだけでログインをするとアカウント削除という項目自体が表示されないため、Googleのサイトからログインをやり直すことで、アカウントを削除する事ができるようになります。

これがちょっと面倒ですが、自分のiPhoneでない場合はたとえ友達だとしても履歴を残すのはあまり良くないのでちゃんとログアウトした状態で返しましょう。

 

関連記事

Androidデバイスマネージャーで友達のスマートフォンも探せるようになった

メッセージを表示できるようになったAndroidデバイスマネージャの設定と解除方法

Googleアカウントの重要性を知ろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑