Nexus5X用にmineoを月額800円で契約しました。mineo Dプラン設定方法紹介


公開日:  最終更新日:2016/11/19

Googleストアで購入したNexus5XはSIMフリーのため、どのSIMカードでも基本的に使えます。そしてどの会社のSIMカードにしようかと探していましたが、「mineo」にしました。

 

mineoにした理由は解約手数料がかからないから

mineo

格安SIMを提供しているところはどんどん増えていて、どこもそんなに料金は変わらないのでどこでもいいかと思っていたのですが、mineoは解約手数料がかからないので2年間は使用しないといけないということもないためmineoにしました。(解約手数料がかからないところはmineoだけでなく他にもあります)

やはりこれだけ多くの格安SIMが出ていると、今後もっと安いところだったり条件がいいものも出てくる可能性もあるため、使用期限の縛りがあるというのはあまりつかいたくありませんでした。

そして、プランはドコモのSIMカードを使用する「Dプラン」のデータ通信のみ(シングルタイプ)の「1GB(800円)」にしました。Nexus5Xは2台持ちのサブ機になる予定なので電話は使用しないシングルタイプを選択しました。

mineo2

 

つまり、Nexus5Xは毎月800円(税抜)で使用できることになります。ただし、契約時に3,000円(税抜)の事務手数料はかかります。

 

mineoをNexus5Xで設定する

mineo申し込みからSIMカード到着まで1週間でした。到着したSIMカードはドコモです。カードにmineoと書いてあったりするのかと思いましたが、思いっきりdocomoでした。

docomo

 

そしてカード以外には設定用の冊子が入っています。

mineo3

 

SIMカードを取り外し、Nexus5Xに差込みます。

mineo4

 

SIMカードを差込み、Wi-Fiをオフにします。

設定→Wi-Fi

wifioff

 

そして右上のモバイル通信のマークが表示されたので試しにサイトを開いてみると、やはりダメでした。

mineo5

 

ということで設定を開きmineoの設定をします。

設定→もっと見る

motto

 

モバイルネットワーク

mobilenetwork

 

アクセスポイント名

accesspoint

 

色々な選択肢がありますが、このリストの中にはmineoはなかったので、右上の+をタップし手動で追加します。

mineo6

 

名前:mineo

APN:mineo-d.jp

ユーザー名:mineo@k-opti.com

パスワード:mineo

以上の4箇所を入力します。名前だけはmineoじゃなくても大丈夫ですが、あとで選択するときに間違わないようにmineoの方が良いと思います。

mineo7

 

そして下の方にスクロールし、

認証タイプ:CHAP

を選択し、右上の「︙」をタップ。

mineo8

 

保存で設定を保存します。

mineo9

 

そして◁で戻ると先ほど追加した「mineo」が表示されているので選択します。

mineo10

 

これで完了です。ちゃんとネットが繋がるようになりました。

mineo11

速度はXperiaZ4で使用しているドコモのSIMとほぼ同じでした。まだ自宅だけでしか使っていませんが…これで月額800円(通話付きは1,500円)で使用できるので、ドコモで毎月8,000円近く支払いしているというのはものすごく無駄遣いをしているような気がしてきました。

これからしばらく使ってみて感想などはのちほど紹介したいと思います。

mineo

 

【使ってみた感想】

mineoは速度を計測するとドコモに比べ速くはないが、普段使いには全く問題なし

 

関連記事

Nexus5XにSIMカードを入れる方法。ドコモのSIMカードで試してみました

ハイレゾ、広角自撮りモードに対応した格安SIMフリースマホ「Liquid Z530」

オススメSIMカードは?各社の格安SIMカードの料金や仕様の比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑