変換間違いをしても打ち直しする必要はない


公開日:  最終更新日:2013/03/12

パソコンで文字入力をして漢字などに変換をするときに間違って違う漢字に変換してしまったりすることがあると思うんだけど、変換間違いをした場合、その文字をもう一度変換する方法があるのだ。

 

 

変換間違いした文字をもう一度変換する方法はキーボードの『変換』のキーを押すだけなのだ。

たとえば、Wordで、『今日は気温が高くて、すごく熱かった。』と変換したけど、『熱かった』を間違ってしまったのだ。

その場合、『熱かった』をドラッグして選択した後に『変換』のキーを押すと再度変換できるようになるのだ。

 

 

変換キーはこれなのだ。キーボードのメーカーやパソコンのメーカーによって変換キーの場所が変わってることもあるんだけど、変換キーがないキーボードはないのだ。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑