Windows10 mobileの音声操作機能「Cortana」を使ってみた


公開日: 

Windows10 mobileにはiPhoneのSiriのような音声で検索したり、予定を入れたりできるCortana(コルタナ)という機能があります。Cortanaの基本的な使い方などを紹介したいと思います。

 

Cortana(コルタナ)でできること

Cortanaを起動させるには検索アイコンをタップします。

cortana

 

検索ボタンをタップすると、Androidで言うGoogleNowカードのような画面が開き、カレンダーに登録している今日の予定やニュース、現在地の天気などが表示されます。そして右下のマイクアイコンをタップすると音声を聞き取る画面になります。

cortana2

cortana4

 

Cortanaでできること

○○さんに電話をかけて、○○さんに△△とメッセージを送って、○月○日に△△の予定を入れて、明日の○時にアラームを鳴らして。などの設定が可能です。また音声での検索も可能です。

cortana3

 

実際に使ってみた

「明日の10時にアラームを設定」

cortana5

 

アラームの設定はちゃんと設定できました。

cortana6

 

「音楽を再生」

何故かひらがなで表示されていますが、

cortana7

 

以前聞いていた曲が再生されました。

cortana8

 

「明日の10時に出張と登録」でカレンダーに「出張と登録」と登録されました。

SiriやAndroidであればタイトルが「出張」で登録されるはずですが、タイトルが「出張と登録」になってしまいました。

cortana9

 

やはりAndroidの音声検索や、iOSのSiriに比べると精度は低く、間違った文字での認識をしたり、問題が発生しましたと結果が表示されないこともあります。

cortana10

 

まだCortana自体が開始されたばかりなので今後音声認識の精度や音声での操作の精度も上がっていくでしょうが、現時点ではSiriやAndroidに比べるとまだまだ日常的に使えるというほどではありませんでした。

 

関連記事

Windows10 mobile「KATANA01」でOneDriveを使う方法

Windows10 mobile搭載「KATANA01」レビュー。Windows mobileは最もフォルダーの管理がやりやすいスマホ

KATANA01初期設定方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑