スマホの保護フィルムの種類にはどんなものがあるの?


公開日: 

スマートフォンの画面を保護するための保護フィルムですが、ひとつの機種でも色々な保護フィルムが発売されています。その保護フィルムにはどんな種類があるのか、Xperia Z5の保護フィルムを参考に紹介したいと思います。

 

強化ガラス保護フィルム

一番一般的な強化ガラスフィルムですが、強化ガラスフィルムと言っても強度に違いがあります。保護フィルムのパッケージを見てみると「表面硬度 ○H」と表示されていますが、その数字が大きくなればなるほど固いことを表します。

HというのはJISで決められた鉛筆のHを基準とした硬度試験の単位です。

今現在販売されている強化ガラスフィルムでは9Hが最高のようです。また、強化ガラスフィルムには「厚さ」もあります。固くて分厚いものはタッチ時の精度が悪くなることもあります。

ブルーライトカットフィルム

スマートフォンやパソコンからブルーライトが発せられているということは今や有名ですが、そのブルーライトをカットしてくれる保護フィルムです。長い時間スマートフォンを見ることが多い人であればこのようなブルーライトをカットしてくれるフィルムがおすすめです。

 

 

覗き見防止フィルム

電車など人が周りにいる状態でスマートフォンを使うことも多いかと思いますが、横から覗き見をされることが嫌な場合は覗き見防止フィルムがあります。

 

こういった覗き見防止フィルムは正面からははっきり見えますが、上下左右の角度がついたところからでは画面が見えにくくなります。

最後に

その他には指紋が付きにくいフィルムや気泡が入りにくいというフィルムがありますが、指紋が付きにくく、気泡も入りにくいという特徴はほとんどのフィルムが対応しています。

そのため保護フィルムの種類が多くてどんなものを買えば良いのかわからないときには「強度&厚さ」「ブルーライト対応」「覗き見防止」の3つのうちで自分にとって最適な機能を持っているフィルムを購入すれば間違いありません。

また、強度9Hでさらにブルーライトカットも付いているというような2つの機能を持っているような保護フィルムもあります。

 

関連記事

滑り止めにもなり背面をオシャレにすることもできるXperia Z4の背面フィルム

Xperia Z4用の強化ガラスフィルムは貼りやすく気泡も入らない

iPad Air2が割れないように強化ガラスフィルムを購入したので保護フィルムの貼り方など紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑