OneDriveの無料15GBの容量を維持したいなら申請が必要


公開日: 

マイクロソフトは無料で15GBとカメラロールバックアップ15GBまで使用できるOneDriveの容量を5GBまで下げると発表したことで批判が集まっていましたが、申請をすることで無料の容量を維持できるように対応しました。

 

容量維持の申請は1月31日まで

この申請ができるのは2016年1月31日までとなっています。申請は申し込みページからOneDriveを使用しているアカウントでサインインします。

申し込みページ

Keep your free torageをクリック

keep

 

OneDriveを使用しているアカウントでサインインする

keep2

許可しますか?と表示されるので許可をすると「Success!」と表示されました。成功したようです。

keep3

もし5GB以上のデータを保存していて無料での容量が5GBに少なくなった場合、通知が届きます。その通知から90日経っても容量が5GBを超えている場合は、読み込み・ダウンロード専用となり、新しくデータをアップロードできなくなります。

そして9ヶ月間はアクセス可能ですが、それ以降はアカウントがロックされユーザーからの連絡がなければ1年後にデータが削除されます。

 

そのようなことがないように、もし5GB以上使用したい場合は1月31日までに申請しておきましょう。

 

申し込みはこちらから

 

関連記事

AndoroidとiPhoneの画像共有はOneDriveが便利

Windows10のGrooveミュージックはOneDriveに保存した曲が再生できる

iPhone、iPadの写真はiCloudではなくOneDriveにバックアップが超絶便利

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑