普通のテレビがパソコンになるChromebitが日本でもASUSから発売


公開日: 

普通のテレビに接続することでテレビがパソコンになるというChromebitがASUSから日本でも販売されることになりました。販売時期は2016年1月中旬予定。

 

Chromebitとは

asus

テレビのHDMI端子に差込むことでそのテレビがパソコンとして使えるようになります。USBポートは付属していますが、ポートは一つしか無いためマウスやキーボードは基本的にBluetoothで接続します。

 

asus2

 

スペック

CPU:クアッドコアRockchip RK3288C

メモリ:2GB

ストレージ(eMMC):16GB

HDMIポート:1

USB2.0ポート:1

ワイヤレス: IEEE802.11ac/n/a/g/b、Bluetooth 4.0

 

スペックを見る限りではスマートフォンと同じくらいの性能になっています。データは16GBしか保存できませんが、データは基本的にはGoogleドライブのようなクラウドに保存することになるため、あまりストレージの量は気にしなくてもいいかと思います。

 

テレビだけでなくHDMIポートがあるモニターに差し込んで使うことも可能です。

Chromebitの特徴はなんといっても小ささです。部屋が狭くテレビ以外にパソコンを置く場所がなくてもテレビがパソコンとして使えます。USBメモリほどの大きさのため持ち運びも楽です。

ChromeOSだけでなくWindowsOSでもスティック型のPCは出てきていますが、これからのパソコンは小型化に進んで行くのかもしれません。

 

Chromebit CS10

 

関連記事

Googleが発表した新しいコンピュータChromebitとは?

ディスプレイを360度回転することができるChromebookがASUSから発売

スティック型のPCは今後とてつもない可能性を持っていそうな予感

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑