Continuumに対応したWindowsスマホをパソコンのように使うことができるワイヤレスアダプタ


公開日: 

WindowsOS搭載のスマートフォンの良さというのはなんといってもモニターに接続することで普通のWindows10を搭載したパソコンのように使うことができるということです。しかし全てのWindowsスマートフォンが対応しているわけではなく、「Continuum」というのに対応している機種のみになります。

 

ワイヤレスでモニターやテレビに接続できるアダプタ

screen

「ScreenBeam Mini2 Continuum」はテレビやモニターのHDMI端子に接続することでContinuumに対応しているWindowsスマートフォンを画面に映すことができるというデバイスで2月11日に発売予定です。価格は9,800円くらいの予想です。

 

Chromecastとの違い

Androidのスマートフォンをテレビなどに映すにはChromecastがありますが、これはスマートフォンの画面がそのまま映しだされるのに対し、Continuumに対応しているWindowsスマートフォンであればパソコンと同じようなレイアウトで映しだされるというのが違いになります。

 

日本で販売されているContiniuum対応のWindowsスマートフォン

nuans

現在日本で販売されているWindowsスマートフォンでContinuumに対応しているのは「NuAns NEO」があります。そして2月4日に発表された2016年4月発売予定のVAIOの「VAIO Phone Biz」が対応しています。

今後Continuum対応のWindowsスマートフォンは増えていくでしょう。というかContinuumに対応するのが前提になるかもしれません。

 

関連記事

Windows10 mobile搭載「KATANA01」開封の儀

スマホがパソコンにもなるWindows10 Mobileスマホ「Lumia950/950 XL」

今使っているPCをWindows10にした方がいいの?Windows7からは問題が起こりやすい状況です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑