Windows10への無償アップグレード期限はあと3ヶ月!7月29日で終了


公開日:  最終更新日:2016/09/15

Windows10へのアップグレードは自動的にスケジュールが設定されていたり、Windows7からアップグレードした後、再度Windows7へ戻すと言語バーが表示されず日本語入力ができなくなったりなど色々と問題を抱えていますが、Windows10自体は良いOSです。そのWindows10へ無償でアップグレードできる期限があと3ヶ月と迫ってきました。

 

無償でアップグレード期限は7月29日

10

2016年7月29日までは無償でアップグレードできますが、それ以降は有償となっています。すでに今現在でもWindows10のパッケージ版を購入することはできるようになっていますが、最も一般的なWindows10 Homeのダウンロード版で13,600円となっていますので、もし期限が過ぎたあとにWindows10をインストールしたいと思った場合、およそ1万円かかってしまうことになります。

 

また、Windows10へアップグレードできるのは、Windows8.1とWindows7 SP1となっています。

・Windows 10 の登場です。無料で手に入れることができます|Microsoft

 

関連記事

Windows10から元のOSに戻す方法

今使っているPCをWindows10にした方がいいの?Windows7からは問題が起こりやすい状況です

Win10からWin7にダウングレード後、言語バーが表示しなくなった場合の対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑