スマホの画面をTVに映すミラーリングデバイスをAmazon FireTVだけに絞った1つ理由


公開日: 

スマートフォンやタブレットの画面をTVやモニターに映すことができるデバイスはGoogleからChromecast、アップルからAppleTV、AmazonからFireTV(FireTVはスマホの画面を映す方式でありませんが)などが発売されていて、ChromecastとFireTV Stickを持っているのですが、現在はFireTV Stickしか使わなくなりました。

 

FireTV Stickしか使わなくなった理由

fire

FireTV Stickしか使わなくなった理由はシンプルで、これだけで全てまかなえるからです。

現在Amazonプライム会員が無料で見ることができるプライムビデオとドコモのdTVで映画を見ているのですが、どちらもFireTV Stickに対応しています。そしてYouTubeも。

これまでdTVはFireTVに対応していなかったため、dTVの映画を見るときはChromecast、プライムビデオを見るときはFireTV Stickと使い分けをしていたのが、dTVが対応したことでChromecastは使わなくなりました。

 

FireTVはほとんどの主要サービスに対応している

こちらがFireTVが対応しているサービス一覧の一部です。

・Amazonプライムビデオ

・dTV

・hulu

・Netflix

・YouTube

・Gyao

主要サービスはこのあたりじゃないでしょうか?

Chromecastはこのリストの中で唯一プライムビデオにだけ対応していません。

自分が使っているサービスに全て対応しているFireTV Stickとプライムビデオに唯一対応していないChromecastだとやはりFireTV Stickを使うようになってしまいます。

 

ただしPlayストアで購入(レンタル)した映画はChromecastになってしまう

playストアから購入もしくはレンタルした映画はChromecastでしか見ることができないため、そのときはChromecastを使用することになるのですが、今のところ有料で映画を購入する場合、プライムビデオもしくはdTVのどちらかを探せば見つかるためPlayストアから映画を購入することもほとんどありません。

ただしPlayストアでは定期的に映画の割引などをやっているため、もしかしたらそのときにはChromecastを使用するかも知れませんが…

 

 

関連記事

ついにdTVがFireTV Stickに対応したので設定方法を紹介します

dTVの動画をドコモのポイントを使って購入する方法

ChromecastとFireTV Stickの違いとは?操作方法は全く違うができることは基本的に同じ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑