高いドコモのスマホ料金を少しでも安くする方法


公開日:  最終更新日:2017/03/19

スマホの月額料金が高いと感じている人も多いと思います。今はドコモ・au・ソフトバンク以外にも格安SIMカードを販売しているので、安く済ませようと思えば月に1,000円くらいでスマホを使うこともできますが、今使っているドコモスマホを他のスマホと変えずに少しでも安くする方法を紹介します。

 

月々のデータ通信量を把握し、適切な料金に変更する

スマホの料金が高くなっている理由としてデータ通信料にあります。しかし現在契約している通信量ほどデータ通信を使用していないという人がほとんどです。つまり、無駄にお金を払っているという人が実はほとんどなのです。

1.月々のデータ使用量を確認する

設定→データ使用

data

 

モバイルをタップし、知りたい期間にスライダーをスワイプして合わせます。そうすると下の方に期間と使用量が表示されます。ここに表示される使用量は「約」なのでぴったりではありませんが、”ほぼ”正確です。

data2

このようにどれくらいデータを使用したかを確認することができます。過去数カ月間見ることができるため、数ヶ月確認することで毎月どれくらいデータを使用しているかがわかります。

 

2.自分のデータ使用量に合った料金プランに変更する

ドコモのデータ通信(パケット)プランは以下のとおりです。(家族でシェアは除く)

データLパック8GB:6,700円

データMパック5GB:5,000円

データSパック2GB:3,500円

もし月々のデータ使用量の平均が2GB以下だった場合、データLパックやMパックで契約しているとかなりの損をしています。一般的な月のデータ使用量は2GBのようですので、ほとんどの場合がデータSパックでいいのではないしょうか?

 

カケホーダイプランを確認する

昔は電話の通話料でケータイ会社は売上を上げていましたが、今や無料で通話できるSkypeやLINEなどの普及により、通話料を会話することができるようになりました。そのためケータイ会社も新しく購入する場合などはカケホーダイプランしか選択できなくなりました。

ちょっとこの辺りが嫌らしいですが、それでも電話をあまり掛けない人にはそういったプランがあります。

カケホーダイライトプラン:1,700円(1回の通話5分以内無料。それ以降20円/30秒)

カケホーダイプラン:2,700円

あまり電話を掛けない人であれば、カケホーダイライトプランにすることで1,000円安くすることができます。しかし、ここには落とし穴があり、カケホーダイライトプランではデータSパック(2GB)が選択できないのです。ここがまた嫌らしいところですね。

 

ドコモ最安料金は…

現状ではデータSパック3,500円+カケホーダイプラン2,700円=6,200円が最安のプランとなっています。

 

 

不要なオプションを解約する

かけ放題プラン、データプランを見なおしたところで、次にオプションを見直します。オプションはスマホの契約時に半強制的に付けられ、不要であればご自身で解約してくださいね。という契約のやり方が今でも行われているようです。

しかし、数ヶ月すると解約するのを忘れてしまいそのままずっと数百円を払い続けているということも珍しくありません。そんなことにならないように現在契約しているオプションを確認し、必要ないならすぐさま解約しましょう。

ドコモのそのオプションサービス必要ですか?使ってないなら解約しましょう

オプションを解約する方法

スマートフォンからお客様サポートへアクセスし、契約内容確認などオンライン手続き

okyaku

 

ドコモオンライン手続き

docomo

 

dアカウント・パスワードを入力しログイン

docomo2

 

ご契約内容確認・変更

docomo3

 

申し込み済みのオプションサービスには「解約」のボタン。そして未契約の場合は「申込」のボタンが表示されています。解約のボタンが表示されているオプションサービスで必要ないものの解約をタップします。

docomo4

 

解約したいオプションサービスにチェックを入れる

docomo5

 

同意にチェックを入れ、手続きを完了する

docomo6

 

ドコモを解約するつもりがないなら「ずっとドコモ割り」解約するかもしれないなら「フリーコース」

2016年6月よりずっとドコモ割りとフリーコースという新しいコースが誕生しました。

docomo

フリーコースとは

これまで解約をする際は決められた月(2ヶ月)の期間に解約をしないと解約金がかかっていましたが、フリーコースを選択することによっていつ解約しても解約金がかからなくなります。しかも現状と同じ料金プランで加入することが可能です。

フリーコースは申し込みが必要です。

 

ずっとドコモ割りコースとは

docomo2

ずっとドコモ割りコースは今までと基本同じで、2年に1回やってくる決められた月以外に解約すると解約金が発生してしまいます。しかし、割引額がアップしたり、2年間たったときに3000ポイント付与されるなど特典がつきます。

 

最後に

ドコモの料金を抑えるには、データパックとオプションの見直しで数百円~数千円節約できるかもしれません。もし数千円節約できるようであればかなりおかしなプランで契約していたということになりますが。

最後にドコモはやはり高すぎるという場合には格安SIMカードを使用するという手もあります。こちらであれば月に1,000円くらいから使用することも可能です。

今や選択肢はたくさんあるので、自分に合ったコース(会社)を探し、賢くスマホを使いましょう。

 

関連記事

ドコモからLINEモバイルに乗り換えて2週間使ってみた感想。スマホ代が月2,000円になりました

格安SIMは普段使いには物足りないのか?mineoを一年間使ってみた感想

カウントフリー、パケットシェア、ポイントで支払いなど、おすすめの格安SIMの料金プランや特徴を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑