Windows10の無料アップグレードは7月29日まで。アップグレードを迷っている人へ


公開日: 

win10

Windows10へ無料でアップグレードできるのは来月7月29日となっています。それ以降は購入しなければいけなくなり、マイクロソフト直販でWindows10 Homeで19,008円と安くはありません。

無料でアップグレードするべきか、それとも現状のままで使うべきか悩んでいる人にWindows10の利点やアップグレードした際に起こったトラブルなどを紹介したいと思います。

 

Windows10にアップグレードするべきか?

win10desk

結論から言うと、Windows7の場合しないがよく、Windows8.1の場合はどちらでもいい。

Windows7からのアップグレードをおすすめしない理由はある程度PCも古くなっているということもありますが、トラブルが起きる可能性がWindows8.1からのアップグレードよりも高いということにあります。

Windows7からのアップグレードでのトラブル例

・フリーズが頻繁に起こるようになった

・起動しなくなった

・再起動を繰り返しPCが使えなくなった

・Windows10からWindows7に戻したら日本語入力ができなくなった

よく起こっているのはこの辺りのトラブルでこういったトラブルはWindows7に限ったことではなく、Windows8.1からのアップグレードでも起こる可能性はあります。しかしWindows7の方がトラブルが起きる可能性が高くなっています。

もちろんトラブルが起きずに快適に使えているPCの方が割合的には多いですが、数パーセントの割合ですが最悪の場合起動しなくなったという例もあります。

 

PCでテレビを見ている人はアップグレードすると見れなくなる

日本メーカーにはテレビ内臓のパソコンがあります。Windows7やWindows8.1ではテレビを見ることができますが、Windows10にアップグレードするとテレビのソフトが起動せず見ることができなくなります。

またテレビ以外にも現在使用しているソフトがWindows10には対応していない場合もあります。使えなくなったら困るようなソフトがある場合はメーカーのサイトで十分に調べてからアップグレードをするようにしましょう。

 

Windows10の利点とは?

ここまで読み進めるとWindows10にアップグレードするとトラブルが起こる可能性はあるし、今使っているソフトが使えなくなる可能性もあるしアップグレードするのにメリットがないんじゃないかと思われるかもしれません。

しかしもちろんWindows10にもいいところはあります。Windows10で追加された主な機能は以下の通りです。

スタート画面のカスタマイズができる

start2

スタート画面のカスタマイズはWindows8からできるようになりましたが、Windows8では別画面でスタート画面が表示されるため非常に使いづらい印象がありましたが、Windows10ではWindows7のようにスタートメニューのように表示されるようになり、タイル状に表示するアプリを追加したり、非表示にしたりなど使いやすいようにカスタマイズすることができます。

 

スタートメニューからアプリのアンインストールができる

win10un

すべてのアプリを表示し、削除したいアプリを右クリックすると「アンインストール」をクリックするとアプリをアンインストールすることができます。ただしここからアンインストールできるアプリは基本的にストアからダウンロードしたのが対象となります。

それ以外のアプリに関してはアンインストールをクリックすると、プログラムのアンインストールが開きそこからアンインストールするようになります。つまりこれまでと同じアンインストール方法となります。

 

音声検索コルタナが使えて、ファイルの中身まで検索ができる

kensaku2

AndroidやiPhoneではすでに一般的になっている音声検索ですが、Windows10でも音声検索が可能になりました。マイクが内蔵していないPCにはもちろんマイクを接続する必要があります。

そしてこの検索はファイルのタイトルだけでなく、ファイルの中に書いてあるテキストまで検索ができるようになっています。そのためファイル名がわからなくてもどういう内容を書いているかがわかっていれば検索することができるかもしれません。

 

わかりやすい

settei

Windows10の最大の利点はこれかもしれません。設定画面を見ていただければわかるかと思いますが、非常に設定画面はわかりやすいですし、これまでメーカーによって違っていたリカバリ(初期化)のやり方も設定→更新とセキュティから実行することができます。

つまり初心者にとって易しくなったOSと言えます。

 

最後に、Windows10にしたからといって劇的によくなるわけではない

Windows10自体はこれまでのWindowsのOSの中で1番使いやすいOSではないかと思います。しかし現状のPCをアップグレードするとトラブルが起こる可能性もあるため、もし現状のままで良ければ無理にアップグレードする必要はありません。

今使っているPCが壊れて買い換えるときにWindows10を使い始めれば良いと思います。

しかし、Windows10にアップグレードしたからといって使い勝手が劇的に良くなるというわけでもありませんので、最新のOSを使ってみたい!という興味がないようであれば現状のままで良いと思います。

もしアップグレード後1ヶ月であれば15~30分ほどで元のOSに戻すことも簡単にできますので。Windows7の場合日本語入力ができなくなるかもしれませんが…

 

関連記事

実はWindows10はこんなに便利になっている!知っておくと便利な7つの機能

Win10からWin7にダウングレード後、言語バーが表示しなくなった場合の対処法

Windows10へのアップグレードが自動で開始された場合のキャンセル方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑