ついにChromebookでAndroidアプリが使えるようになる


公開日: 

これまでChromebookはChromeウェブストアからインストールしたウェブアプリを使用して使うPCでした。同じGoogleアカウントでログインしているChromebookであれば同じウェブアプリが同時にインストールされるため、現在のWindowsのように一台ずつソフトをインストールするという必要がない非常に便利なOSですが、今年の後半についにAndroidスマートフォンで使用しているアプリがChromebookでも使えるようになるようです。

 

ChromebookでAndroidアプリを使うとこうなる

chrome

Androidアプリの開発者がChromebook用に最適化する必要がありますが、ChromebookでAndroidアプリを以下の様な形で使えるようになります。

・Android アプリを 3 種類のウィンドウ サイズで表示できるようになり、最適なエクスペリエンスを実現できます。

・ユーザーは、移動可能なウィンドウで複数の Android アプリを同時に使うことができ、さらに本格的なデスクトップ ブラウザも使用できます。またそういったことをすべて、使い慣れた Chrome OS インターフェース上で行えます。

・キーボード、マウス、タッチ入力をシームレスに組み合わせて使えます。

・ユーザーは、Chromebook で Android の通知を受け取ることができます。

・ユーザーまたは管理者が Wi-Fi や Bluetooth の接続設定を行っていれば、Android アプリはそうした接続機能を活用できます。

・Files アプリを経由して、Chrome と Android アプリの間でシームレスなファイル共有が行えます。
・ゲームやデザイン アプリなど多くのリソースを必要とするアプリでも、優れたパフォーマンスが実現できます。

Android アプリが Chromebook で使えるようになります

 

つまり、Androidスマートフォンでできることがノートパソコンでできるようになるということです。パズドラなどのゲームもFirefoxなどのブラウザも使えるようになると非常に便利に使えそうですね。

もちろん今までのウェブアプリも使えるため、Chromebookのできることがかなり広がるということになります。

 

そしてChromebookは価格もWindowsに比べると非常に安いという特徴もあります。Androidアプリが使えるようになることで幅がかなり広がるため、これまでサブのマシンとして考えられていたChromebookがメインとして使えるようになるのも間もなくかも知れませんね。

 

関連記事

ディスプレイを360度回転することができるChromebookがASUSから発売

ついに日本で販売されたChromebookの特徴

Googleが開発したPC、Chromebookの凄さ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑