ドコモの「Xperia X Performance ローズゴールド」開封の儀


公開日: 

本日2016年6月24日はXperia X Performanceの発売日ということで、ドコモやauそしてソフトバンクからも今日発売されました。2日前にドコモオンラインショップにて注文をして発売日の当日に受け取ることができました。

 

箱の中身は

箱は一年前に購入したXperia Z4とほとんど同じです。

x

 

箱の中には本体とテレビを見るときに使用するアンテナ、そしてスタートガイドや保証書などが入っていました。もう最近はmicroUSBケーブルはついてこないようですね。もちろん今まで使っていた充電器で充電可能です。

x2

 

Xperia X Performanceローズゴールド外観

これまでと同じように上下にスピーカーが内蔵されています。

roze

 

NFCやおサイフケータイのセンサーはこれまで背面の真ん中付近に付いていましたが、Xperia X Performanceでは正面の左上に付いています。おサイフケータイで買い物するときは左上のシールが貼ってある部分をかざすことになります。このシールは剥がせるようになっていて剥がすとNFCのマークも取れるため、位置を忘れてしまうと大変です。

roze2

 

左側にはSIMカードとmicroSDカードを入れる場所があります。

roze3

 

Xperia Z4ではフタを外して中からトレイを出すようになっていましたが、Xperia X Performanceではフタとトレイはくっついているためラクに取り出せるようになりました。

roze4

 

トレイをひっくり返して、microSDカードとSIMカードを乗せるようになります。

roze5

 

トレイを差し込むときは下の画像のように本体の裏を上にして差し込まないとトレイからSIMカードなどが落ちてしまいますので、この形で挿入します。

roze6

 

右側には左からカメラの起動やシャッターを切るボタン、ボリューム、電源ボタンがあります。Xperia X Performanceは指紋認証に対応しているため、指紋登録をしている指で電源ボタンを押すことによってロック解除することができます。

roze7

 

下部分にはこれまでと同じようにmicroUSBポートがあります。

roze8

 

背面の下の部分に線が入っていますが、日本のモデルだけアンテナの仕様によりこういったデザインになっているようです。

roze9

 

カメラとフラッシュなどに使用するライトはこれまでと同じ位置にあります。

roze10

 

Xperia Z4と比較

Xperia Z4(右側)と比べると少し背が低くなっています。

roze11

 

厚さはXperia X Performanceの方が少し厚くなっています。

roze13

 

そして角の部分がこれまで樹脂がはめ込まれていましたが、Xperia X Performanceからは一体化しました。つなぎ目が一切ありません。

roze14

 

サイドの部分がこれまで角ばっていましたが、Xperia X Performanceではなめらかな曲線になっているため、厚くはなっていますがかなり握りやすくなっています。

roze15

少し触った感じではやはり指紋認証がすごい!ボタンを押した瞬間にロックが解除されます。また画面が濡れている状態ではXperia Z4は少しカクつくところがありましたが、Xperia X Performanceでは画面が濡れていても濡れていないときとほぼ変わらないくらいの操作性でした。詳細についてはしばらく使ってからレビューしたいと思います。

 

関連記事

Xperia X Performanceローズゴールドを予約しました

ドコモからXperia X Performance SO-04H商品入荷メールが来た!購入と旧機種の下取り依頼方法

日本で発売予定の「Xperia X Performance」の特徴とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑