ドコモの2016年夏モデルから使える「スグ電」の設定方法


公開日: 

着信があったときに耳に当てるだけで電話をとったり、本体を振ったあとに耳に当てると事前登録しておいた先へ電話をかけることができる「スグ電」の設定方法を紹介します。

 

スグ電設定方法

スグ電は2016年夏モデルの製品からの対応で、現在の対応機種は以下の通りです。今後発売される機種は続々対応してくるものと思われます。

・arrows SV F-03H
・Galaxy S7 edge SC-02H
・AQUOS ZETA SH-04H
・XperiaTM X Performance SO-04H

 

設定→通話設定

tuuwa

 

スグ電設定

suguden

 

スグ電設定を開くと注意事項が表示されます。その内容ですが、「激しい運動中や寝ながら操作をすると正常に動作しない場合があります」や「意図しない応答・発信をする場合があります」と書かれています。

正常に動作しないのは問題ないですが、耳に当てて電話をとる機能がたとえばポケットに入れているときにセンサーが反応して電話をとっていたという状況になる可能性もあるということですね。そして最悪なのは知らない内に登録している人に電話をかけていたということも可能性的にはありそうです。

suguden2

同意にチェックを入れ次へ進みます。

応答、切断、発信、消音・拒否、発信ランキング通知、着信時名前非表示を設定できます。

suguden3

 

応答

応答をONにすると、電話がかかってきた時に耳に当てると電話をとることができます。

suguden4

 

切断

電話を切りたい時に画面を伏せた状態で床やテーブルなど水平なところに置くと切ることができます。

suguden5

 

発信

発信はホーム画面が表示されている状態で本体を1回振り、耳に当てると登録している人に電話をかけることができる機能です。右耳・左耳を分けて登録できるため二人まで登録可能です。またどちらも同じ人を登録することも可能です。

登録は右耳または左耳をタップすると電話帳が開きます。そして登録したい人を選ぶようになります。

suguden6

 

設定後ホーム画面で本体を振ると、本体が振動し画面に下の画像のようにスグ電発信の画面が表示され、どちらの耳に誰が登録されているかがわかります。そのままどちらかの耳に当てると本体が素早く数回振動し、電話を発信します。

suguden7

振って振動、耳に当てて振動。というようになっているので非常にわかりやすくなっています。この機能ですが誤作動を起こさなければ非常に便利な機能ではないでしょうか?

 

消音・拒否

消音・拒否は電話がかかってきたときに本体を伏せて置くと着信音を消してくれたり、拒否することができます。

suguden8

 

発信ランキング通知

その月に誰にどれだけ電話をかけているかがわかります。そしてそこから振って耳に当てて電話をかける「発信」に登録することができます。

suguden9

 

着信時名前非表示

電話がかかってきた時に置いている時は登録している名前が表示されませんが、本体を動かしたり、手に持つと登録名が表示されます。

suguden10

 

スグ電によりXperiaのスマート着信操作が無くなった

XperiaにはXperia Z2から「スマート着信操作」という機能がありました。スマート着信操作とは電話がかかってきた時に耳に当てると電話がとれたり、本体を伏せると着信音を消したり、本体を振ると着信拒否をすることができる機能です。

smart

まさに「スグ電」です。

数年も前からこういった機能をXperia Z2から搭載していましたが、今回発売したXperia X Performanceにはスマート着信操作はありません。ドコモがこの機能を乗っ取ったのでしょうか?それとも買い取ったのでしょうか?

一度振り、耳に当てての発信はXperia Z5にも搭載していませんでしたが、それ以外はすでにXperiaがやっていた機能です。

真相はわかりませんが、新商品発表会でスグ電は画期的な機能です!みたいなことをドコモの社長が言っていたので、ドコモはXperiaのスマート着信はなかったことにしたいのかもしれませんね。

 

関連記事

Xperia Z4のスマート着信操作が便利すぎる

ドコモの2016年夏モデル4機種に搭載される「スグ電」とは

Xperia X Performanceレビュー。良い所・悪い所を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑