ストラップホールがないXperia X Performanceにイヤホンジャックに挿し込むタイプのストラップホールを使ってみた


公開日:  最終更新日:2016/07/10

Xperia X Performanceにはこれまであったストラップホールがありません。つまりそのままではストラップを付けることができないというわけですが、イヤホンジャックに差し込むことでストラップホールを作ることができるアクセサリーを購入したので紹介したいと思います。

 

alumania STRAP TYPE HEADPHONE CAP for 3.5mm PLUG

pin

イヤホンジャック挿す部分は意外と長くなっています。そしてホールになっている部分に万が一抜けたとき用に落下防止ストラップが付いていますが、落下防止ストラップ自体を付けるところがXperia X Performanceにはないため、ストラップホールが付いているケースを使っている場合にのみ使えます。

ストラップホールが付いているケースを使っているのであれば、このピン自体いらないような気もしますが…

 

イヤホンジャックに挿しこみ右にねじる

ピンを挿しただけではかなりゆるゆるです。ピンを挿したあとに右方向にねじることによって強度が増してきます。

pin2

 

落下防止ストラップは取り外すことも可能です。

pin4

 

強度を確かめてみたらかなり強かった

落下防止ストラップを持ち本体を振ってみてもネジはしっかり閉まっていてビクともしません。そして強く引っ張ったとしても大丈夫でした。しかし内部のゴムは徐々に劣化してくるためガタつき始めたら交換をおすすめします。

pin5

 

ストラップをどうしても付けたい人にはオススメ

思った以上に強度はあります。ケースを付けたくないがストラップは付けたいという人にはオススメです。しかしイヤホンジャックを塞ぐことになるため有線のイヤホンやヘッドホンを使うことができなくなります。

Bluetooth対応のヘッドホンなどであれば全く問題ありませんが、その辺り気にならなければいい商品です。

 

関連記事

Xperia X Performanceレビュー。良い所・悪い所を紹介します。

Xperia X Performanceおすすめケース9つをタイプ別に紹介

Xperia X Performanceを劇的に使いやすくするための30の便利設定まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑