[Windows編]たくさんあるフォルダーやファイルを瞬時に探すにはファイル名にアルファベットを入れる


公開日: 

1つのフォルダーの中にたくさんのフォルダーやExcel・Wordなどのファイルが入っていると、その中から対象のものを探すのに時間がかかってしまいます。スタートから検索するという方法もありますが、ファイル名に少し手を加えることによって格段にファイルが探しやすくなる方法を紹介します。

 

フォルダーやファイルを探しやすくするには名前の先頭にアルファベットを付ける

一般的にはフォルダーやファイルの名前の付け方は下の画像のようになっていると思います。これくらいの数であれば探すのも簡単ですが、もっとフォルダーやファイルの数が増えるとその中から探すのは大変になってきます。

folder

 

そこでファイル名の前にアルファベットを追加します。

例えば「重要」というフォルダーの名前の先頭には「j」(小文字)、「日報」には「n」という具合に追加します。

folder2

 

もし下のフォルダーの中から「t取引先」のフォルダーを探したかったら、キーボードを半角英字に切り替え「t」を押すと、「t取引先」が選択されます。

folder3

 

半角というのは言語バーが「A」になっている状態です。

hankaku

 

上のフォルダーには「k会議資料」「k個人フォルダ」「k契約書」といった「k」から始まるフォルダーが複数ありますが、その場合でもキーボードの「k」を数回押すことによって次の「k」から始まるフォルダーやファイルへ移動していきます。

また、アルファベットを先頭に持ってきているので、アルファベット順にフォルダーやファイルが並ぶということも、もう1つのメリットです。この方法はフォルダーやExcel・Wordだけでなく、メモ帳、画像ファイルなど、どんなファイルでも使うことができます。

もしフォルダーやファイルを探すのに毎回時間がかかっているようであれば、これをやることによって効率よく仕事をすることができるようになります。

 

関連記事

マウスをできるだけ使わずキーボードだけを使うと操作速度が何倍も速くなる

キーボードの“足”は立てないほうが手首が疲れない!?

Windows10の検索は「ファイル名」はもちろん、「ファイルの中身」まで検索してくれる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑