どれを買っていいのかわからないという方向けに目的別に選ぶおすすめのBluetoothスピーカー紹介


公開日:  最終更新日:2018/12/12

スマートフォンにBluetoothが内蔵しているのは当たり前になっていますが、ノートパソコンやデスクトップパソコンにもBluetoothが内蔵しているものも増え、ほぼ100%のスマートフォンがBluetoothに対応したことにより様々なBluetoothスピーカーも登場しました。

そこで商品がたくさんあり過ぎでわからないという方のために、目的に合わせたBluetoothスピーカーの紹介をしたいと思います。

 

コスパ抜群!初めてのBluetoothスピーカー購入におすすめ!Anker SoundCore ポータブル Bluetooth4.0 スピーカー

 

・高音質: デュアルドライバーと螺旋状バスポート(特許出願中)による高音質ステレオで、音楽をお楽しみいただけます。音のゆがみを1パーセント未満に抑え、その場で演奏されたような透き通った音を実現しました。
・驚きの連続再生時間 : 内蔵のリチウムイオンバッテリーと業界最先端の省電力技術によって、24時間 / 500曲の長時間連続再生が可能。アウトドアや旅行にも最適です。また、バッテリー残量はペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です(※iOS 6以上の機器のみ対応)。

・Bluetooth4.0 : 全てのBluetooth機器に対応。約20m以内にあるスマートフォンやタブレットをすぐに接続可能。最後に使用した機器を記憶し、自動で再接続します。マイクが内蔵されており、ハンズフリー通話にもご利用いただけます

 

Bluetoothスピーカーは常に電源ケーブルを接続していなければいけないという商品もありますが、このスピーカーは充電することができるため持ち運びに便利です。そして満タンに充電していれば500曲の再生が可能なため、1日中使えるスピーカーです。

安いですが、音質が悪いわけではありません。Bluetoothスピーカーで迷ったらこれ!今Amazonで一番売れているBluetoothスピーカーです。

 

 

お風呂やアウトドアで使いたい人向け、防水対応Bluetoothスピーカー

 

 

・IPX7 防水認証: 防水スピーカーでは稀有なIPX7防水認証を取得。濡らしても、泥に汚れても、雪に落としても、衝撃を与えても、ご利用になれます(水洗も可能)。

・アウトドアや、お風呂場での利用にぴったりです。

・Hi-Fiサウンド: 3Wドライバーオーディオとパッシブ型サブウーファーにより、クリアな音質としっかりした低音を実現。クリッピング防止技術により、歪みのない音楽を体験できます。

・10時間の連続再生、最大約10mの伝送距離、内蔵マイクによるハンズフリーの通話が可能。また、バッテリー残量はペアリング中のiPhoneやiPadからも確認できます(※iOS 6以上の機器のみ対応)。機能性だけでなく、快適さも追求しました。

 

部屋の中で使うというよりもアウトドアで使うために作られたBluetoothスピーカーです。8.5 x 8.5 x 4.5 cm、231gと小型なのも持ち運びに便利です。

 

Anker Nebula Capsule (Android搭載モバイルプロジェクター)

こちらはAndroid7.0を搭載した”プロジェクター”で壁にプライムビデオやNetflixなどの映像を映し出すことができます。

そしてBluetoothスピーカーとしても利用できる「Bluetoothモード」があり、スマホとBluetoothで接続してスピーカーとしても利用できます。

プロジェクターとしては最大100インチの大画面で映画などを見る事が可能で、満タンに充電すると映画が約4時間、音楽再生は約30時間可能となっています。

音楽好き、映画好きのどちらのニーズにも対応した「プロジェクター兼スピーカー」です。

 

 

とにかく高音質にこだわる人向け!Bose SoundTouch 30 Series III ワイヤレススピーカー Bluetooth・Wi-Fi対応

 

 

・ボーズ独自の「ウェーブガイド・スピーカー・テクノロジー」により、ご自宅の一番大きな部屋でも十分に響きわたる、臨場感あふれる高音質を再生。

・自宅のWi-Fiネットワークを利用。複雑な操作や設定は不要で、簡単にワイヤレスで音楽を楽しめます。

・無料のパワフルなSoundTouch appをご用意、お持ちのスマートフォンやタブレットでシステムをコントロールすることが可能。

・6つのインターネットラジオ局を登録可能。ワンタッチで音楽が流れ出します。

・第3世代に発展した最新のSound Touch wireless music system3機種のうち、本機は重低音再生専用のウーファーを内蔵し、ウェーブガイドテクノロジーと組み合わせて重低音再生を重視した最上位機種だ。ネオジウムマグネット磁気回路の中高域ドライバーユニットを正面に2基装備する。本体サイズは435W×246H×181Dmm、質量は8.4kgと結構な 重量級だ

 

高音質なスピーカーで有名なBoseのBluetoothスピーカー。サイズもかなり大きく、重量もあります。持ち運びは難しいですが、家に据え置きで使うBluetooth対応の高音質なスピーカーを探している人におすすめです。

 

 

最後に

Bluetoothスピーカーがあれば、わざわざCDをコンポに入れ替えたりという必要もなく、非常にラクに音楽を楽しむことができます。音楽を家で聞くことが多い人には一つBluetoothスピーカーがあると非常に便利だと思います。

 

関連記事

Xperia X Performanceの音楽を最高に楽しむためのおすすめイヤホンをタイプ別に紹介

Windows10からスマートフォンにアプリを使わず、音楽を手動で入れる方法

パソコンに取り込んだ音楽にジャケット画像を表示させる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑