スマートフォンの画面が割れた後に貼る「スマホの絆創膏」


公開日: 

スマートフォンの画面が割れてしまっている状態で使い続けている人をよく見かけますが、たとえば仰向けでスマートフォンを見ている時に画面の破片が目に落ちてくる可能性もあるため非常に危険です。画面が割れていたとしても画面自体はツルツルしていて操作ができないというわけでもなく、操作感も変わらないということが多いため、そのまま使い続けるという人が多いのですが、そんな画面がバキバキに割れた後に貼る、専用の保護フィルムがあるのです。

 

画面が割れた後に貼る「スマホの絆創膏」

bansou

このフィルムは伸びて側面まで覆うことができるため、ガラスの破片を閉じ込めることができます。また画面が割れていると気泡が貼りやすくなって島しますが、柔軟性のあるフィルムのためヒビの凹凸を吸収して気泡ができにくくなっています。

bansou2

bansou3

使用できるサイズは5.7インチまでとなっているため、5.5インチのiPhone 6Plusでも大丈夫です。

 

使用方法

伸びる素材のため一度はがすと使えなくなります。そのため一回で成功させなければいけません。

bansou4

 

修理に出すか、買い換えるか、使えるので割れたまま使うか。の選択肢に「絆創膏を貼る」が追加されました。スマホの絆創膏は1,000円くらいで購入できるため、危険な状態で使うよりも貼って安心できる状態で使う方が断然いいですね。

 

 

関連記事

スマホが水没して起動しなくなったらどうする?そんなときの水没スマートフォン復活ツール

ヒビ割れたiPhoneをそのまま使うのは危険!怪我する前に修理しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑