忘れ物防止と失くしたものを探すことができる世界最小落し物追跡タグMAMORIOを使ってみた感想


公開日: 

スマートフォンとBluetoothで接続することによって、スマートフォンと距離が離れると通知が来て忘れ物を防いだり、失くした場合に地図でどの場所にあるかを知ることができる「MAMORIO」を購入し、実際に使ってみました。

 

MAMORIOとは

mamorio

MAMORIOはBluetoothでスマートフォンと接続することによって、MAMORIOとスマートフォンの距離が離れるとスマートフォンに振動と同時に音が鳴り、通知が表示されるようになります。

mamorio3

失くしてしまった場合、紛失モードをオンにするとMAMORIOのアプリをインストールしている人が近くを通ると、その場所が紛失したユーザーのみがわかるようになっています。ただし誰も近くを通らない場合は最後にBluetoothで接続されていた場所が地図上に表示されるようになります。つまりMAMORIOを使っている人が多ければ多いほど失くした物を見つけ出す可能性が高くなるという訳です。

mamorio4

 

サイズが世界最小

mamorio2

縦35.5mm×横19mm×厚さ3.4mmとサイズが物凄く小さいため、財布はもちろんSuicaなどを入れるカードケースにも入れることができます。

 

設定方法

まずMAMORIOのアプリをインストールします。そして会員登録を行います。会員登録はメールアドレスとパスワードを決めるだけです。

mamorio5

 

MAMORIOの登録を行います。1台のスマートフォンで複数のMAMORIOを登録することが可能なようです。

mamorio6

 

どれにMAMORIOをつけるかを選択します。もし候補の中にない場合は「この中にはない」を選択し、自分でタイトルをつけることができます。

mamorio7

 

財布を選択しました。名前には「財布」と表示されています。財布の画像を入れたい場合は「写真を追加」から財布を撮影して登録できます。

mamorio8

 

決定をタップすると、ここにMAMORIOを置いてくださいと表示されるので、MAMORIO置きしばらく待つと登録に成功しました。と表示されます。ちなみにスマートフォンの上に置かなくても近くにあればペアリングは成功します。

mamorio9

 

これでペアリングは完了です。あとは財布にMAMORIOを入れておくだけです。

mamorio10

 

使ってみた感想

MAMORIOを入れた状態の財布を家に置きっぱなしして外出してみたところ、自宅マンションを出て100メートルくらい歩いたところで、財布は手元にありますか?という通知が届きました。この通知が来るタイミングはバラバラのようで100メートルの時もあれば150メートルくらいのときもありました。

またMAMORIOを財布に入れて持ち歩くと移動した履歴が表示され、その履歴に手元から離れた場合も表示されます。ちなみにBluetoothをOFFにすると「手元から離れた」場合と同じように通知が来ます。

mamorio11

 

失くしてしまった場合

失くしてしまった場合、「探知する」をタップし探すことができます。

mamorio12

 

また明らかにどこかに忘れてきてしまった場合、他のMAMORIOユーザーがすれ違った時に場所を教えてくれる紛失モードをONにしましょう。

mamorio13

 

 

手元から離れていないのに通知が来る場合がある

MAMORIOが入った財布が明らかに手元にあるのに「財布は手元にありますか?」という通知が1日に2~3回ほど来る日がありました。これに関しては、通知の最適化をすることによって精度は上がるようです。

mamorio14

最初のうちは持っているのに「手元にありますか?」という”誤報”が届くことが多いですが、最適化を何度かやっているうちに誤報も少なくなってきます。忘れ物が多い人は家を出てしばらくすると通知が届くので忘れ物が少なくなるでしょうし、物をよく失くす人は最後にどの場所で失くしてしまったかがわかるため非常に便利です。

ただし、スマートフォンまで失くしてしまったら元も子もありませんが…

 

MAMORIO Store

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑