Xperia X Performanceを衝撃から守るために使いたい耐衝撃フィルムとケース紹介


公開日:  最終更新日:2017/07/04

スマートフォンを片手で操作していて地面に落としたことがあるという人は多いのではないでしょうか?落としてしまうと本体に傷を付けてしまったり、画面が割れてしまったり、最悪の場合は起動しなくなったりなどということもあるため、落とさないようにストラップを付けたり、万が一落としてしまっても大丈夫なように耐衝撃のケースに入れるなど対策することもできます。

 

Xperia X Performanceの耐衝撃ケース

Xperia X Performanceの本体右には指紋認証が付いているため、指紋認証を妨げない衝撃ケースを紹介します。

レイ・アウト Xperia X Performance 耐衝撃ケース クラッシュレジスト

 

落とすとほとんどの場合、角から地面に落ちます。このクラッシュレジストの4つの角にはエアクッション機能が付いているため、本体の衝撃から守ってくれます。またストラップホールが付いているため、ストラップホールが付いていないXperia X Performanceには便利なケースです。

Krush

 

ELECOM Xperia X Performance/SO-04H/SOV33 ZEROSHOCKケース

 

こちらも四隅を守ってくれる衝撃ダンパーを設置が設置されていて効率的に衝撃を吸収してくれます。また、衝撃吸収に適したソフト素材と、それを外側から包むハード素材を使用したダブルレイヤー設計を採用されています。本体背面が接するケース内側にも、衝撃吸収効率の高いハニカム構造を採用されています。

ele

 

 

Xperia X Performanceの耐衝撃フィルム

DOLPHIN47 Xperia X Performance 改良版 全面 ガラスフィルム 液晶保護フィルム

 

Xperia X Performanceの表面は少しだけカーブしているため、表面全体を覆うフィルムとそうでない安いフィルムがあります。画面全体を覆わないフィルムの場合、端の方からスワイプすると指が引っかかってしまい、操作がしづらくなるため、操作感を悪くしないためにも多少高くても全面を覆う3Dタイプのフィルムがいいのですが、このDOLPHIN47の保護フィルムは最上級強度のガラスを使用し表面硬度は9H。PET保護フィルムの約3倍の強度。カッターなどの鋭利な物を当てても損傷なく使用する事が可能。万が一の破損時も飛散防止加工によって破片はフィルムに張り付いた状態で92%以上飛び散らない安全性の高い仕様となっています。

また、Amazonでも40件のレビューがありますが、☆4.8とかなりの好評化の保護フィルムです。

 

ストラップホールが無いXperia X Performanceにストラップを付けるためのアクセサリー

alumania STRAP TYPE HEADPHONE CAP for 3.5mm PLUG

 

イヤホンジャックに差し込むことで、イヤホンジャックをストラップホールにすることができるアクセサリーです。ストラップホールに差し込みねじることで強度が増し、引っ張っても抜けることはありません。ただしイヤホンを差すところがなくなってしまうため、音楽を聞く場合Bluetooth対応のイヤホンを使わないといけないというデメリットもあります。

al

 

最後に

今回紹介したケース・保護フィルムは2000円~3000円くらいです。何もつけていない状態で画面が割れてしまったときの修理代に比べるとかなり安くなりますので、もし落としそうな人はこういった耐衝撃のアクセサリーを付けて、安心して使えるようにしてみては?

 

関連記事

ストラップホールがないXperia X Performanceにイヤホンジャックに挿し込むタイプのストラップホールを使ってみた

Xperia X Performanceおすすめケース9つをタイプ別に紹介

Xperia X Performanceの音楽を最高に楽しむためのおすすめイヤホンをタイプ別に紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑