カメラ画質はおよそ2倍!iPhone7とXperia X Performanceの仕様を比べてみる


公開日:  最終更新日:2016/09/09

iPhone7がついに発表され、7月16日に発売される予定となりました。これでiPhone7かXperia X Performanceのどちらを買おうか悩んでいる人もいるかと思いますが、実はカメラの画質はXperia X Performanceの方がおよそ2倍もいいのです。

 

iPhone7のメインカメラは1200万画素、Xperia X Performanceは2300万画素

iPhone7

iphone2

メイン1200万画素、インカメラ700万画素

 

高額手ぶれ補正

Phone 7は、体の動きや手の振動によるぶれを減らす光学式手ぶれ補正機能を備えています。センサーとレンズが連係して、ごくわずかな動きさえ相殺できるようにするので、iPhone 6sと比べて露出時間が最大3倍長くなります。

 

F値1.8

開口部がより大きくなったことで、カメラセンサーへ届く光がiPhone 6sと比べて最大50パーセント多くなります。これによりカメラの能力がさらに 強化され、光が少ない環境でも最高に美しい写真を撮れるようになりました。さらに、新しい6枚構成のレンズと連係することで、一段と鮮やかで一段と精細な 一枚をお届けします。

 

クアッドLED True Toneフラッシュ

4つの賢いLEDが、iPhone 6sよりも50パーセント明るく発光します。周囲の色温度に合わせてフラッシュを調整するので、よりシャープで、より明るく照らされた写真になります。

 

 

Xperia X Performance

Xperia-X-Performance-Black

メイン2300万画素、インカメラ1200万画素

 

0.6秒起動・撮影

カメラキーの長押し起動からオートフォーカス、撮影まで最速約0.6秒。約2年前の従来機種であるXperia Z1と比較して約2倍の高速化を実現し、撮りたい瞬間を逃しません。

 

先読みオートフォーカス

ソニーのデジタル一眼カメラαの技術を応用し、追尾フォーカス機能が進化。タッチした被写体の動作を予測してフォーカスを合わせ続けるので、じっとしていられない子どもや動物もクリアに撮れます。

 

0.03秒オートフォーカス

一眼カメラ並みのオートフォーカススピードを実現。狙った被写体を瞬時に、そして正確にとらえます。

 

有効画素数、約2300万画素のメインカメラ

レンズ、センサー、画像処理エンジンをすべて自社開発。ソニーならではのテクノロジーにより、約2300万画素の高画質を実現しました。

 

画像処理エンジンBIONZ® for mobile

画像処理エンジンBIONZ for mobileが進化。被写体の動きを検出すると自動的にシャッタースピードが最適化されるので、室内の撮影でもブレずに被写体をとらえられます。

 

カメラに関してはXperiaは非常に力を入れているため、比べ物にならないくらいのスペックとなっています。ただし、スペック(画素数)が良いからといってよりキレイな写真や動画が撮れるとは言えません。

また、4K撮影に関してはiPhone7は対応していますが、Xperia X Performanceは対応していません。現状4Kディプレイがまだ普及しておらず、iPhone7のディスプレイも1334☓750ピクセルのため4Kで撮影しても、4K(約4000☓2000ピクセル)で見ることはできません。

 

防水、FeliCa対応はすでにXperiaは対応済み

iPhone7が防水に対応したというのはiPhoneユーザーからすると非常に嬉しい機能ではないかと思いますが、Xperiaは随分前から防水に対応していました。またおサイフケータイも然りです。

 

 

最後に

防水やFeliCaなどはすでにXperiaでは対応していたので、目新しいiPhone独自の機能というのはほぼありません。ここ最近はiPhoneのこの機能がすごいから買う!という理由がなくなってきたように感じられます。スペックだけで見るとXperia X Performanceですが、やはりiPhoneをずっと使い続けてきた人はiPhoneが良いのでしょうね。

 

関連記事(Xperia X Performanceの次、Xperia XZも発表されました)

iPhone7発表!防水・Suica対応、そしてイヤホンジャックがなくなる。

Xperia X Performanceを超えた「Xperia XZ」発表。注目の3つの特徴を紹介

日本で発売予定の「Xperia X Performance」の特徴とは

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑