iPhone7のイヤホンジャックが廃止になった理由とは


公開日: 

iPhone7の正式発表前からイヤホンジャックがなくなるかもしれないという噂はありました。その理由として3.5mmのイヤホンジャックがなくなることで本体サイズをより薄くすることができるため。という説が有力でしたが、実際発表されたiPhone7は重量が5g軽くなったものの、サイズは厚さを含めiPhone6Sと全く同じでした。薄くすることが目的ではないとすると、イヤホンジャックがなくなった本当の理由とは何なのでしょうか?

 

iPhone7からイヤホンジャックがなくなった理由は防水に対応したため?

taptic

iPhone7では初めて防水に対応しました。(Appleは防水ではなく耐水と表現していますが。)そのためイヤホンジャックを廃止したという説が一番有力ではないでしょうか?防水に対応するためにはこれまでの物理的なホームボタンでは水が浸入してしまうため、iPhone7では物理ボタンではなくMacBookに似た感圧式のホームボタンを採用しています。

このホームボタンは、押した際のリアクションも好きなようにスタマイズすることが可能になります。この機能を実現するために必要な部品が「Taptic Engine」と呼ばれる部品で、これまであったヘッドフォンジャックの位置に埋め込まれています。

防水対応のスマートフォンはAndroidでは珍しくなく、Xperiaシリーズに関しては以前よりイヤホンジャックはキャップレス防水に対応しているため、イヤホンジャック自体が防水に対応することができなかったということはないでしょう。

それでは以前のiPhoneのようにイヤホンジャックを上部に配置することでイヤホンジャックも使えるようになるのではないかとも思いますが、Appleはイヤホンジャックを廃止した理由として、「挑戦」という言葉を使っています。初代iMacではこれまで主流だったフロッピーディスクを 廃止し、批判を受けました。そして現在ではフロッピーディスクが使用できるPCは無くなり、USBポート(USBメモリ・外付けハードディスク)が主流になりました。

現在データはクラウド、プリンタなどの周辺機器はWi-Fi経由またはBluetoothで接続するという方法が主流になってきました。そのため今後USBポートもなくなってくる可能性があります。実際現在主流のUSBポートが廃止されたMacBookもすでに発売されています。(USB Type-Cのみの搭載)そのきっかけをまたAppleが作ろうとしているのかもしれません。

数々の革新的なデバイスを発表してきたAppleは”今だけ”ではなくこの先を見据えてイヤホンジャックを無くしたのでしょうね。

 

最後に

生前ジョブズはこのようなことを語っていたようです。

(Appleは偉大な製品を提供しようと挑戦し続けています。そのため、私たちは「これは偉大な製品を作るのにふさわしくない」と明言する強い信念に基づ く「勇気」を最低限もっています。そして、「偉大な製品を作るにふさわしくないもの」は採用しないのです。この姿勢を嫌う人もいます。そんなとき彼らは Appleを名指しで非難するでしょう。しかし、変更を加えることは、支配的な技術にエネルギーを注ぐこと以上に、顧客にとって正しいと考えています。顧 客はAppleの選択にお金を払います。もしAppleがうまくやったなら、顧客は製品を買うでしょう。もしも失敗したら、顧客は製品を買わないでしょう し、その変更自体がうまくいかないでしょう)

参照元:GIGAZINE

iPhone7は予約が殺到し、発売日前に予約をした人でも9月16日の発売日に手元に届かないという人も多くいます。その点で言うと、イヤホンジャックが無くなったとしてもiPhone7は受け入れられているということでしょうね。

 

関連記事

iPhone7発表!防水・Suica対応、そしてイヤホンジャックがなくなる。

カメラ画質はおよそ2倍!iPhone7とXperia X Performanceの仕様を比べてみる

知ってました?Siriでできることは結構いろいろあります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑