iPhone7ブラックがやってきた!開封の儀


公開日:  最終更新日:2016/09/23

iPhone7はFeliCaや防水に対応したということもあり、非常に人気があったため発売日当日には手にはいりませんでした。特に新色のジェットブラックに関しては数週間以上かかるようです。今から10日くらい前にiPhone7ブラック128GBを購入し、9/22~9/29の間に到着予定となっていましたが、本日(9/22)に届きました。また、64GBモデルはどのカラーも2~3週間待ちとなっています。

 

iPhone7の箱の中身

こちらがiPhone7の箱ですが、箱に印刷されているiPhoneの画像が少し立体的になっていて手で触るとポコッとなっているのが印象的です。

iphone7

 

箱の中身

iphone7-1

・iPhone7本体

・Lightning-ヘッドフォンジャックアダプタ(通常の有線イヤホンの使用時必要)

・Lightning-USBケーブル(充電・PC接続用)

・EarPods(Lightningケーブルイヤホン)

・電源アダプタ

・Appleステッカー、SIMトレイピン

iPhone7にはイヤホンジャックのが廃止されたため、有線のイヤホンを使用するにはLightningポートに差し込むタイプの変換アダプタを使用することになります。また付属のEarPodsも端子はLightningとなっています。どちらにしても有線のイヤホンを使用する場合、充電しながら音楽を聴くということはできない仕様になっています。

iphone7-11

変換アダプタはイヤホンにこのような形でずっと接続することになると思います。

 

外観

iphone7-2

iPhone7から大きく変わったホームボタンは少し凹んでいます。そして電源が入っていない状態では押しても全く反応はありません。しかし電源を入れた状態でボタンを少し強めに押すと振動し、まるでボタンを押しているかのような感覚になります。ホームボタンの下にはタプティックエンジンンという部品が埋め込まれ、物理ボタンを押したかのような感覚になるとのことです。

 

iphone7-3

背面は相変わらずカメラのレンズが少し出っ張っていますが、本体自体はかなり薄いので仕方ないのかもしれません。背面はかなり指紋が目立ちにくくなっていますが、Appleのロゴ部分はかなり指紋が目立ちます。

 

iphone7-5

斜めから見るとかなりカメラのレンズが出ているがわかります。

 

iphone7-6

これまで電話中での相手の声が聴こえていた部分がイヤホンを使用していない状態ではスピーカーとなります。

 

iphone7-7

そしてもう1つのスピーカーは今まで通り右下となります。左側に同じような穴が空いていますが、こちらはスピーカーではなく気圧調整するための穴のようで、音は出ません。

 

iphone7-4

総務省指定の刻印に関してはかなり文字自体が小さく、よく見ないと何が書いてあるかわからないくらいの小ささのため、ダサいと話題になるほどでも無いかと思います。

 

Xperia X Performanceとの比較

iphone7-8

iPhone7(左)はXperia X Performance(右)に比べると全体的に一回り小さくなっています。

iPhone7

高さ138.3mm☓幅67.1mm☓厚さ7.1mm

138g

4.7インチ

 

Xperia X Performance

高さ144mm×幅71mm×厚さ8.6mm

165g

5.0インチ

iphone7-10

iphone7-9

これまでずっとXperiaを使用していて、Xperia X Performanceになり丸みを帯びたため非常に持ちやすくなったと思っていましたが、iPhone7を持ってみると厚さがない分、持ちやすく片手で操作もし易いと感じました。ただし画面はXperia X Performanceの方が大きいため、サイズや重量が大きくなってしまうのは仕方ないとは思いますが。

片手での操作がし易いのはiPhone7、画面が大きいぶん見やすいのはXperia X Performanceといったところでしょうか?画像の綺麗さに関してはどちらも同じくらいのように感じます。どっちも綺麗です。

 

iPhone7の残念な点

床に置いて動画を見ると片方が低くなる

iphone7-12

iPhone6の頃からカメラのレンズが出っ張っていますが、床に置いて動画を見ていると、レンズがある左側が高く、右側が低なるため床に置いて動画を見ると違和感がかなりあります。もちろんスタンドに立てて見ればいいだけですが…

 

床においた状態で操作するとグラつくことがある

iphone7-13

右上にカメラのレンズがあり、レンズがない部分をたっちするとグラつくことがあるというのは残念な点ですね。

 

最後に

ホームボタンに関しては、これまでiPhoneをずっと使ってきた人はかなりの違和感があるようですが、Androidユーザーからすると物理ボタンがない機種がほとんどなので違和感なく使えると思います。ただホームに戻るには少し強めに押さないといけないというところがホームボタンをタッチするだけのAndroidとは少し異なりますが。

しかしiPhone7のホームボタンは本当にボタンを押しているかのような感覚になので、このボタンはすごいですね。変な感覚でした。

これからiPhone7を使ってみて、いろいろな情報などを紹介していきたいと思います。

 

関連記事

ジェットブラックにはケースは必須かもしれない。iPhone7のおすすめケースをタイプ別に紹介

iPhone7のスクリーンショット&カメラシャッター音を無音にする方法。間違い押しが多い人は3DTouchでも可

iPhone7発表!防水・Suica対応、そしてイヤホンジャックがなくなる。

iPhone7のイヤホンジャックが廃止になった理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑