GoogleのTwitter買収が成功すると新しい職業が生まれるかもしれない


公開日: 

TwitterがGoogleに買収されるかもしれないというニュースが報道されていますが、TwitterをGoogleが運営することになるとどういうことが起こり得るのか?もしかするとYouTubeと同じようなことが起こり得るかもしれません。

 

GoogleがTwitterを運営すると、その人に合わせた広告が表示されるようになる

google

Googleは基本的に広告で大きな収益を上げています。いろいろなサイトを見るとGoogleの広告が表示されていますし、Googleで検索すると検索結果に応じて広告が表示されます。現在Twitterも広告を表示することで収益を上げるというモデルですが、あまりそれがうまく行っていないようです。

広告表示で十分な実績があるGoogleがTwitterを運営することで、ツイートしている内容に合わせた広告表示やスマートフォンの使用履歴などから「その人に合わせた広告」を表示することも可能です。今現在でも、Googleの広告を表示しているサイトでは最近見たサイトの内容や検索結果に合わせて、その人に合わせた広告を表示しています。

 

Twitterユーザーが報酬を得ることが出来るようになる可能性がある

Googleの強みは、ユーザーが収入を得る仕組みがあるということです。自分のサイトに広告を表示できるアドセンスという仕組みができてからは、ブログやサイトで収入を得ることが簡単になり、ブログで生活をする「ブロガー」が数多く生まれました。

そして最近ではYouTubeに動画を投稿し、収入を得る「YouTuber」という職業も生まれました。

この収入を得ることができるという仕組みがあることによって、ブログを書く人が増え、YouTubeに動画を投稿する人も増えます。ブログを書く人やYouTubeに動画を投稿する人が増えることによって、それを見に行くユーザーも増えるという好循環が生まれます。

さらにGoogleはスマートフォンの使用履歴や検索内容などからユーザーの趣味趣向を知っています。ユーザーの趣味がわかっていればそれに合わせた広告を表示することが可能になり、広告の精度も上がります。そうすると広告主も広告を出稿する頻度も増えるでしょう。

その仕組がTwitterにも採用されるようになれば、Twitterでたくさんのフォロワーを持っているユーザーは、Twitterだけで収入を得るということができる可能性があります。今現在ではツイート内にアフィリエイトのリンクを貼り、誘導し、商品などを購入してもらい収入を得るという方法はありますが、Twitterだけで収入を得るという仕組みはまだありません。

もし、GoogleがTwitterを買収することができれば、Twitter長者が続々生まれる日が来るかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑