格安スマホを検討中の中高年・シニア層にmineoをオススメする理由


公開日:  最終更新日:2017/05/16

今やドコモ、au、ソフトバンクだけでなくたくさんの事業者がスマホ市場に参入し、ニュース・新聞でも「格安スマホ」「MVNO」などというキーワードで取り上げられることも多くなりました。ただドコモなどの大手キャリアから格安スマホに乗り換えるやり方がわからない…安いからLINEとかできないんでしょ…などという不安もあるかもしれません。

しかし、心配いりません。ドコモなどのキャリア独自のサービス(しゃべってコンシェルなど)を除けばできることは同じです。今使っているスマホから料金を下げることができるかもしれない、でも乗り換え方法やどれを選んで良いのかわからないという方のために、中高年・シニアの方におすすめしたい「mineo」を紹介したいと思います。

 

格安スマホ・MVNOとは?

まずmineoを紹介する前に格安スマホやMVNOについての解説をしたいと思います。

格安スマホとは一般的には、スマートフォン自体の価格が安いというのを指すのではなく、月々の料金が安いということを差しています。つまり正確に言うと格安スマホではなく、「格安SIM」という方が正確なのですが、格安SIMと言っても「シムって何?」ということになるのでわかりやすく「格安スマホ」という表記が多くなっています。

そして「MVNO」とは、「Mobile Virtual Network Operator」の略で、携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスを加えて提供する企業のことです。つまり現在参入しているMVNO業者はドコモやauなどの通信網をレンタルし、SIMカードや比較的安いスマートフォンの機種を販売しています。そのため自社で設備を持つ必要もないため、格安でサービスを提供できているという訳です。

 

SIMカードというのは下の画像のような小さいカードで、このカードに自分が使用する「電話番号」が付与されるという仕組みになっていて、現在使用されているスマートフォンはもちろんガラケーにもSIMカードが入っていて、SIMカードを差し替えることによって、別の機種でも電話番号が変わらず使うことができます。

ただし、SIMカードのサイズは以下の3種類があり、使用したい機種によってサイズが変わるため、機種変更時に今まで使用していたSIMカードとサイズが違うということもあります。その場合は新しい機種に合ったサイズのSIMカードに交換してもらう必要があります。

sim

mineoとは

mineo

mineoには大きく分けて2つのプランがあります。それはドコモの回線を使用する「Dプラン」、そしてauの回線を使用する「Aプラン」があります。

Dプランの場合、ドコモの通信網を使うためドコモの携帯電話の電波が入るところであれば使用できるということです。そのため、ドコモからmineoに乗り換えた場合でも今までと同じように電波が入り、ネットやメール・LINEなどが使えます。ただし、同じ通信網を使っていても速度が若干遅くなってしまうことがあります。これは、大きな駅など人が密集する場所で起こる現象で、回線混雑時には回線速度が遅くなりやすいというデメリットもあります。

 

下の画像はドコモとmineoの速度を「新宿駅」で比較した結果です。左がドコモで下り「38.00Mbps」、右がmineo「28.27Mbps」。速度はこの数値が多ければ多いほど速いということになるのですが、実際3Mbps以上出ていれば通常のネットを見るのは全く問題ないため、このくらいのスピードが出ていれば速度が遅いと感じることはありません。

mineo

ただしこのように人が多い場所に行くと、ドコモなどの大手キャリアに比べると回線速度が遅くなる確率が高くなるということは紛れもない事実です。

 

mineoの料金体系

mineoにはドコモの通信網を使用する「Dプラン」とauの通信網を使用する「Aプラン」があると前述しましたが、若干「Aプラン」の方が安くなっています。

mineo2

詳しく料金を見てみると、「データ通信のみ」と「データ通信+090音声通話」の2つのタイプがあります。

データ通信のみ

データ通信のみというのはインターネットのみが使えるプランで、電話はできません。おもにタブレットで使用することが多いのですが、2台持ちの2台目にデータ通信のみを選択する人も多数います。

※LINEの音声通話はインターネットを使うためLINEの音声通話は可能です。

 

データ通信+090音声通話

このプランは通常のプランと同じで、インターネットと電話が使え、SMS(ショートメール)も使用可能なプランです。

 

また、Dプランにはデータ通信にショートメール(SMS)が使用できるプランが月々120円プラスで使用できるようになります。ショートメールが使用できないとLINEの登録ができない場合があるので、LINEの新規登録をしたいという場合にはデータ通信のみ+SMS付きのプランを選択するといいでしょう。(AプランはSMSプラン無料)

※LINEの新規登録はショートメール認証かFacebookのアカウント認証のどちらかとなります。

 

ドコモの5GBとmineoのDプランを比較してみると…

▶ドコモ

カケホーダイライトプラン:1,700円(2年縛りの場合)

データ5GBプラン:5,000円

spモード:300円

計:7,000円

※カケホーダイライトプランは一度の電話が5分以内であれば通話料がかからないプラン

 

▶mineo

音声通話付き5GBプラン:2,280円

 

結果

ドコモ:7,000円

mineo:2,280円

 

mineoが月々4,720円安くなりました。ただしmineoには5分間の通話料無料などの「電話かけ放題プラン」が無いので電話をたくさん掛けなければ非常に安くすることができるということになります。

 

mineoをオススメする理由

mineoはサポートが充実している

MVNO業者は基本的に無店舗でネットでSIMカードやスマートフォン本体を販売しています。そのため人件費や店舗の維持費などがかからず安くできるということにも繋がっているのですが、ドコモやauなどでスマートフォンを購入するとドコモショップなどがあちこちに点在しているため、わからないことがあればすぐに聞きに行くことができるというのが大手キャリアでスマートフォンを購入する一番のメリットです。

それに比べMVNO業者でスマートフォンを購入するとわからないことがあっても聞きにくいということがデメリットとしてあります。しかしmineoでは全国のサポート店で新規購入や初期設定(1,000円)、データ移行(有料オプション)などのサポートを受けることができます。

全国のサポート店検索|mineo

このサポートがあるということが一番mineoをおすすめする理由です。基本的にネットでSIMカードを購入し、自分で設定をするというのが格安SIMの基本となっていて、購入時に付属してきた取扱説明書を見ながら設定をすることになるのですが、初めての設定では難しいという方のために、初期設定(1,000円)を代わりにやってくれるというサポートがあります。

料金はかかりますが、初期設定は一度やってしまうと初期化をしない限り一度しかやらないため、後々の料金を考えると非常に安いものです。もちろん友人や家族にスマートフォンに詳しい人がいれば簡単に設定することもできます。

ちなみに僕もmineoを使っているので、初期設定のやり方はこのブログでも紹介しています。

Nexus5X用にmineoを月額800円で契約しました。mineo Dプラン設定方法紹介

 

ドコモの機種を使っていればそのまま使える可能性が高い

基本的に現在使用している機種でmineoのSIMカードを使おうと思うと、SIMロック解除をしなければいけません。しかし、ドコモの機種でmineoのDプランであればほとんどの場合SIMロック解除をしなくてもそのまま使用することができるので、わざわざSIMロック解除の手続きをする必要がありません。

お手持ちの機種が使えるかどうかをチェックする|mineo

※SIMロック解除は現在使用しているドコモショップなど、各キャリアのショップで可能です。

 

解約手数料が無料

大手キャリアでは解約時に解約手数料が発生する場合があります。最近は手数料がかからないようなプランも出てきましたが、ほとんどの場合手数料がかかってしまいます。しかしmineoの場合、いつ解約しても違約金などがかかりません。

ただし、契約から12ヶ月以内に現在の電話番号を他社でそのまま使用するナンバーポータビリティ(MNP)で転出した場合は、12,420円(税込)の手数料が発生します。13ヶ月以降は2,160円(税込み)

 

スマートフォンも同時に購入できる

MVNO業者ではSIMカードしか販売していないところもありますが、SIMカードだけを購入しスマートフォン本体は別のところで購入するというのは少し敷居が高いかもしれません。しかしmineoではスマートフォン本体も同時に購入することができます。

しかしMVNO業者からスマートフォン本体を購入する場合、少し古い機種を販売していることも多いため、本体を購入する際は少し注意が必要です。

mineoで販売されているおすすめ機種

mineo3

Dプランで購入する場合は上の2機種、Aプランの場合は左のarrows M03がおすすめです。

Androidのスマートフォンはピンキリで、非常に性能が低く古い機種が販売されていることがあります。mineoでは現在5機種程度しか販売していませんので”最悪”の機種を購入してしまうということにはなりにくいですが、性能が低く、古いバージョンのOSにしか対応していない機種は使いづらいため、機種選びは非常に大切です。

基本的にCPU(プロセッサ)は何を使っているのか?メモリ(RAM)は何GB搭載されているのか?を見るのですが、初心者ではわかりづらいため、一番簡単ないい機種を見分ける方法を紹介します。

それはOSのバージョンです。下の表はmineoで一番オススメの機種「arrows M03」のスペック表ですが、OSがAndroid6.0となっています。今現在最新のOSは「Android7.0」でまだ一部の機種しか対応していません。そのため今出回っている機種に対応している比較的最新のOSがAndroid6.0となります。(2016/10/13現在)

mineo4

古い機種の場合、Android5.0やもっとひどい場合Android4.4など昔のOSにしか対応していない機種を買ってしまう場合もありますので、できるだけ新しいOSを搭載したスマートフォンを購入すると、変な機種に当たってしまうという可能性は低くなります。

 

mineoのデメリット

サポート対応店舗が少ない

mineoはサポートしてくれる店舗は全国にあるのですが、ドコモショップなどに比べると当然店舗数が少なく、気軽に行けるという近いところに店舗がない人も多いでしょう。その点不便かもしれません。

 

人気の機種が買えない場合がある

日本で一番人気があるAndroidのスマートフォンはXperiaなのですが、今現在Xperiaはドコモ・au・ソフトバンクなどからしか販売されていません。そのためこの大手キャリア以外からXperiaを購入するには、海外からの個人輸入で購入する必要があります。

基本的にはSIMフリー版のスマートフォンを購入しなければいけないのですが、日本ではあまりSIMフリー版のスマートフォンがいろいろな店舗で購入しづらいということもあります。(ネットでは簡単に手に入ります)

 

ネットで購入する場合、クレジットカードでしか決済できない

銀行引き落としなどの決済方法は選択できず、クレジットカードでしか決済できません。そのためクレジットカードで購入したくない場合は購入できません。

 

 

mineoで購入する方法

それではmineoで購入する流れを紹介します。

1.今まで使用していた電話番号を引き続き使いたい場合

もし今まで使用していた電話番号を引き続き使いたい場合は、ショップに行きMNP予約番号をもらう必要があります。

 

2.mineoで使いたい機種をどうするのか?

今使用している機種をそのまま使う場合とSIMフリー機種を別で購入するかのどちらかになります。

現在使用している機種が使えるかどうかは下のページから確認できます。

お手持ちの機種が使えるかどうかをチェックする|mineo

 

検索した結果、下の画像のように「SIMロック解除」が必要と出た場合は、現在使用しているキャリアのショップに行き、SIMロック解除の手続きをする必要があります。

mineo5

 

そして次に大事なのが「SIMカードのサイズ」です。mineoで使用したい機種のサイズを確認し、同じサイズのSIMカードを購入する必要があります。

※SIMサイズは機種によって違います。

mineo6

もちろんSIMフリーのスマートフォンを購入する際もSIMカードのサイズを確認する必要があります。

 

3.プランを選択する

プランの選択、データ通信のみか電話も使用するのか、月々のデータ使用量(○GB)の選択、そして通話ができるプランを選択した場合は、通話定額プランの選択が可能になります。

mineo8

 

そしてSIMカードのみを購入するのか?本体も同時に購入するのかを選択します。

mineo9

4.SIMカードの形状を選択

SIMカードと端末の同時購入の場合は、形状の選択は必要ありません。

mineo10

5.ナンバーポータビリティをするかしないかを選択

現在使用している電話番号を引き続き使用するナンバーポータビリティをする場合は、MNP予約番号、電話番号、MNP予約番号の有効期限を入力します。

mineo11

 

6.オプションの選択し、住所・氏名などの個人情報を入力して完了

もし留守番電話や割り込み電話サービスなどのオプションを契約したい場合は選択し、住所・氏名などの個人情報を入力します。

 

7.支払い方法(クレジットカードの登録)

支払いはクレジットカードのみとなるため、クレジットカードの登録が必要になります。

 

8.確認後完了

入力した情報を確認し、完了となります。

 

最後に

かなり長くなりましたが以上となります。格安スマホを購入するのは難しいように感じますが、サイトの案内通りに進んでいけば簡単に購入できます。

mineoに変更するだけで月々の使用量が半額近く安くなる場合もありますし、わからないときは近くのサポート店へ聞くこともできるので、mineoはスマートフォンにあまり詳しくない人でも変更しやすいのではないでしょうか?

mineoの申込みはこちら

 

mineoを1年間使ってみた感想を書きました

mineo(マイネオ)を一年間使ってみた感想。かけ放題プランと機種にこだわりがない人はおすすめです。

 

関連記事

mineoで月30分/60分の通話定額プランが6月1日より開始

Nexus5X用にmineoを月額800円で契約しました。mineo Dプラン設定方法紹介

mineoは速度を計測するとドコモに比べ速くはないが、普段使いには全く問題なし

mineoのSIMカードを使うとどれくらいの価格でスマホを使うことができるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑