イヤホンジャックが無くなったiPhone7のイヤホン変換プラグを使うと音質は悪くなるのか?試してみた


公開日: 

iPhone7はイヤホンジャックが無くなりました。この仕様に喜んでいるという人は少ないでしょうが、無くなったものは仕方ありません。しかしiPhone7にはLightningポートに直接挿すことができるイヤホン「Ear Pods」と一般的なイヤホンをiPhone7で使用するための「変換プラグ」が同梱しています。

一般的なイヤホンを使用すると、音質が下がってしまうのか。を試してみました。

 

iPhone7には「Ear Pods」と「変換プラグ」が付いてくる

iPhone7の箱に入っていたもの一式です。

iphone7-1

一番左上にあるのが変換プラグ。通常のイヤホンで音楽を聴く際に使用します。そして上段の左から3番目にあるのがLightningポートに直接挿すことができるイヤホン「Ear Pods」です。

 

もし変換プラグを使用して音楽を聴く場合、iPhone7に変換プラグをずっと挿し続けるのはものすごく邪魔なので、下の画像のようにイヤホンに挿しっぱなしになります。

iphone7-11

 

Lightningポートに直接挿すことができるイヤホン「Ear Pods」と「変換プラグ」で通常のイヤホンの音質の違いはほとんどわからない

Ear Podsと変換プラグを使用して音楽を聴き比べましたが、ほとんど差はありませんでした。ただ、変換プラグを使用した場合、音質が劣化したと感じた人もいるようなので、個人差はあるかと思いますが、ほとんどわかりませんでした。

同じ形のイヤホンを目をつぶった状態で、どっちが変換プラグを使用しているでしょう?と質問されてもわからないのではないでしょうか?

肝心な音質ですが、「Xperia-ハイレゾ対応イヤホン」に比べると音質は良くありませんが、可もなく不可もなく普通の音質と言ったところです。

 

変換プラグからイヤホンを抜いても、イヤホンを外したことを認識してくれる

変換プラグを使用する場合、「変換プラグ」と「イヤホン」の2つがiPhone7に接続されることになるのですが、変換プラグを抜くとイヤホンが外されたと認識して音楽を止めてくれるというのは普通ですが、変換プラグからイヤホンを外したときも同じように音楽を停止してくれるので、イヤホンが外されたということを認識してくれます。

 

Xperia用に購入したノイズキャンセリング、ハイレゾ対応のイヤホンは使用不可

sony

以前このブログでも紹介したSONY製のイヤホン「MDR-NC750」を変換プラグに挿し、音楽を聴いてみると右側のイヤホンからは全く音が出ません。接続部をクルクル回したり、少しだけ抜いてみたりすると一時的に両耳から聴こえてくるようになるのですが、基本的には使えないようです。

このイヤホンをイヤホンジャックがついているiPad Air2で聴いてみても同じように両耳から聴こえてくるときもあれば、聴こえないときもあり、クルクル回すとザザッと音が鳴り両耳から聴こえてくる場合もあります。

「MDR-NC750」の商品紹介ページには対応機種にXperiaと表示されているので、iPhoneで使用できないのは当然なようです。また、下の画像を見てもプラグが違うのがわかります。

earphone

このようにプラグの仕様が異なるため、iPhoneや他社製のオーディオ機器に接続しても片側しか音が出ません。

 

 

まとめ

・同梱しているEar Podsと変換プラグ-通常のイヤホンで聴き比べても違いはほぼわからなかった。

・変換プラグからイヤホンを抜いても、イヤホンが取り外されたことを認識してくれる

・5極プラグのイヤホンは使えない。

 

関連記事

ハイレゾ&ノイズキャンセリングに対応しているSONY製1万円のイヤホンに驚愕した

iPhone7に対応しているおすすめBluetoothイヤホンを紹介

iPhone7をおよそ2週間使ってみてわかった良い点と悪い点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

最後まで読んでいただいてありがとうございました!
もし気にいってもらえたらこのブログのRSS登録やフォローをお願いします。

follow us in feedly

コメントはこちらからお願いします

メールアドレスが公開されることはありません。

PAGE TOP ↑